【経費削減策・仕入編】仕入で経費削減するためにまず行うべきこととチェック項目

Pocket

安く買って高く売る

安く買って高く売る、これが商売の基 本であるため、仕入は安ければ安いほど利益は上がることになる。なので経費削減において仕入のコストを下げることはかなり重要となる。単なる値切り交渉のほかにもさまざまな方法があるので、具体的に紹介していく。
他の具体例は経費削減策仕入編でさまざまに紹介しているのでぜひ参考してほしい。
まずはチェック項目で自社の状況を確認してみよう、部署レベルからでも行えるものもある。

チェック項目

○部署ごとに発注を行っている
○月に何度も発注を行っている
○誰が発注しているのかわからない
○不良在庫がある
○仕入の経費削減ならまず値引き交渉から、だと思っている

1つでも思い当たる節があれば、経費削減する効果があるということだ。

では、今回は施策の一例を見ていく

仕入先との信頼関係

意外に思う人もいるかもしれないが、これが何より大事である。直接的に仕入れコストが下がるわけではないが、大切なことである。仕入先とはただ商品のやり取りをするだけでなく、実は顧客と同等かそれ以上に大切なビジネスパートナーとなのだ。
では、仕入先と信頼を作ることでどのようなメリットが生まれる可能性があるか

    ・新商品の情報を市場より早く教えてくれ、優先的に取引させてくれる
    ・資金難の際に、支払の猶予に応じてくれる
    ・値引きをしてくれる

もちろんあくまで可能性ではあるが、仕入先を大事にせず、信頼関係がなければ間違いなくできないことであろう。
仕入先をたたく」という言葉もあるが、それではこのような信頼関係は気付くことはできない。仕入コストをダウンさせたいと考えているならば、まずは値切りをするのではなく、強固な信頼関係を作り、パートナーを作ることをおすすめする。

より具体的な記事はこちらに書いてあるのでぜひ参考にしてみてください!

[CC BY]https://www.flickr.com/photos/ibcbulk/2938435059/ by.m. aquila




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算