【裏技付】交通費精算に使える!ICカードの履歴を駅の券売機で印刷する方法!

Pocket

ご存知でしたか?SuicaやPASMOでは過去の乗車履歴を最大50件(PASMOは20件)まで見ることが可能です。これを印刷することで領収書の出ない交通費の精算に利用できるのです。今回はその方法を紹介しようと思います。

発行方法

まず駅の券売機に向かいます。

その後券売機にSuica、PASMOを挿入すると、下の真ん中の方に履歴印字というボタンがあるので、そのボタンを押します。

写真 2016-04-30 19 34 01

そうすると券売機から利用履歴が印字された紙が出てきます。
※もし券売機で発見できない場合は駅員の方に聞いてみてください。

この紙には電車の利用履歴だけではなく、コンビニやスーパーなどでの買い物履歴も印刷されますのでそこには注意が必要です。

履歴 加工2

この場合、物販がそれに当たります。

交通費精算をする場合

この乗車履歴は交通費精算に利用することが可能ですが、私用の物や買い物履歴が印字されていた場合、それをわかりやすく消す必要があります。

写真 2016-05-01 0 58 03

このように塗りつぶしたうえで、交通費精算書を申請する必要があります。

また、この方法では定期区間などは判別できず、最短経路で通ったかも確認する必要があります。
かなり時間がとられ面倒ではありますが、領収書をなくしてしまったときはこの機能を使ってみてはいかがでしょうか?

裏技

Dr.経費精算なら・・・

専用タブレットにICカードをピッとするだけでカードデータを自動読み取り!領収書いらずなので履歴をとって申請する必要もありません!
さらに定期区間登録などもできるため、面倒な申請は一切なく、タブレットにかざすだけで交通費精算が可能になります。

詳しくはコチラで紹介しているのでぜひ一度ご覧ください!




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算