営業マンや社長は必須!費用をかけないで実現する名刺管理サービス3選

Pocket

放置しておくと膨大な数になる名刺、これを引き出しの肥やしにするのも次の仕事につなげるのも自分次第です。今回紹介するのは名刺管理する3つのサービスです。

Camcard

スクリーンショット 2016-03-16 19.12.22
Camcardはスマホで名刺を撮影することで、ORC技術によって自動で電子化、名刺の情報が連絡先として保存されるサービスです。自身の名刺情報を登録しておけば、相手に電子名刺を送ることができるというのも特徴の一つですね。もちろんスマホ、タブレット、PCでの使用も可能です。こちらは月額料金ではなくアプリの購入という形態を取っていますね。

会社名:IntsigInformationCorporation
設立年:2006年
価格:無料版アプリの他に960円の有料版アプリあり
問い合わせ先:support@intsig.com

Eight

スクリーンショット 2016-03-16 19.11.29
日本の会社Sansan株式会社が運営しているEightは、Camcardと似た機能を持っています。こちらはOCRではなく、Sansanが無料で手入力してくれますので精度はほぼ100%に近いです。Facebookとの連絡やチャット機能がついていつので名刺を通じてのコミュニケーションが捗りそうです。

会社名:Sansan株式会社
設立年:2007年6月
問い合わせ先:無料版に加え,¥400/月or¥4000円/年のプレミアム会員あり

メイシー

スクリーンショット 2016-03-16 19.13.02
メイシーの特徴はOCRではなく、手作業で名刺の情報を確認することで高い精度を得ているところです。また会社に溜まった名刺をメイシーに送ることでデータ化されたものが取得できます。
価格はデータ入力料金が25円/枚、スキャン料金10円/枚。加えて月額利用料金が必要になります。自分で名刺をスキャンする場合はスキャン料金は0円になるので少しお得です。

会社名:株式会社もぐら
設立年:2007年3月
価格:月額利用料1980円、入力費用25円/名刺1枚、スキャン費用10円/名刺1枚
問い合わせ先:support@maysee.jp

ここでは3つのサービスを紹介しましたが、まだまだ名刺管理サービスはあります
自分にあったサービスを探してみてはいかがでしょうか?




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算