「交通費実費支給」って結局どういう意味ですか?

求人広告などを見ていると「交通費支給(上限あり)」「交通費実費支給」という文字をよく見かけるかと思います。上限ありはわかりやすいですが、実費支給とはどういう意味なのでしょうか?

実費支給とは、簡潔には「実際に利用した金額をそのまま支給すること」を指します。

しかし、実費支給にも上限があるパターンやないパターンもあるのでそこは注意が必要です。
下記で詳しく説明してますのでぜひご参考ください。

実費支給とは?

実費支給とは、文字通り「実際に掛かった金額を支給すること」です。

支給方法は会社によって様々であり、事前に支給するケースもあれば、その場では立て替えを行い、後日実費を支給というケースもあります。
また、文字通り実際に掛かった金額といっても上限があり、実際の金額そのままが支給されないケースもあります。

会社によって異なりますので詳細は規定を確認しましょう。

交通費の3つの支給区分

まず、交通費の支給区分は3つあることを覚えておきましょう

1.上限あり

文字通り上限があり、いくらかかっても上限までしか支給されない。上限以下の場合はかかった金額。

2.一律支給

実際にかかった交通費の額にかかわらず一律で支給される。一律支給額より低くても既定の額がもらえる。

3.実費支給

実際にかかった金額。1500円なら1500円、3000円なら3000円支給される。基本的に立て替え払いをし、あとから精算する。

これら3つは規定で決まった額が支給がされるということで、総称して規定支給と呼ばれます。
したがって規定支給といわれたらこの3つのどれかになります。

ここで疑問となるのは、

「実費支給は実際にかかった金額が払われるのに決まった額なのか?」

だと思います。では「実費支給」という言葉の正確な意味を以下でご紹介します。

実費支給は申請すれば上限なし?

本来の意味でいうと実費とは「実際にかかる費用。手数料や利益などを含まない金額」のことです。
じゃあいくらかかっても全額貰えるのか!ラッキー!

もちろん結論から言うとそんなことはありません。
上限なくもらえることはほぼないと考えた方がよいでしょう。

なぜかというと、多くの会社では交通費の支給に規定があり、支給額の計算方法が決まっているためです。
具体的に規定というのは以下のようなものです。

計算方法①公共交通機関を利用している場合

多くの場合、月の定期代を支給。この際には最短経路や最安経路

で計算されることが多いため、乗り換えを多くしても支給額は増えないことが多い。

計算方法②交通用具(車やバイク)を利用している場合

1km○○円というように決まっており、それにのっとり計算される。また軽自動車と普通自動車の区別があることはあるが、

車の燃費が悪かったとしても支給額が上がることはまずない。実費といってもこれが実情となっているのです。特に距離換算される車通勤の場合には実際にかかった金額がそのまま支給されることはほぼ稀でしょう。

 

下記記事では社員の交通費計算、支給に役立つコンテンツを紹介しています。
例えば通勤定期、バス、車を利用した場合で非課税限度額が異なることをご存知でしょうか
参考:社員の交通費計算に役立つ3つの計算方法を徹底解説!

交通費計算の自動化を検討する

ここまで交通費の計算方法を見てきました。ただ、毎回手動で計算したりするのは非常に面倒ですよね?

例えば営業活動で利用した交通費が定期区間とかぶっているかのチェックを毎回手で行うことは非常に骨がおれる作業です。

実はこれらの作業を経費精算システム「Dr.経費精算」を利用することで自動化することができます。
特に、Suicaなどの交通系ICカードの利用履歴を自動連携することができる機能が非常に便利です。

もちろん定期区間分の料金も自動で控除することができます。

交通費の入力作業も確認作業も大きく効率化します。
下記公式サイトから詳細をぜひチェックしてみてください

公式サイト/Dr.経費精算
https://www.keihi.com/

まとめ

実費支給といっても、実際は会社の規定にかなり左右されてしまうことはお分かりいただけたかと思います。求職する際やバイトを探す際には一度会社に確認をするとよいでしょう。
また、すでに勤務されている方は交通費がどのような決まりに基づいて支給されているか一度チェックしてみてください。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード