領収書が発行されない?クレジットカード支払いの経費精算

Pocket

サラリーマンや個人事業主問わず、仕事をしていれば経費精算の際に領収書が必須である。では領収書が発行されないクレジットカードで支払いを行った場合はどうすればよいのか?今回はクレジットカード支払いの領収書について解説する。

そもそもなぜ領収書がでない?

クレジットカード支払いを行うとお店側は領収書ではなく利用伝票というものを発行する。この利用伝票、領収書にと勘違いされることがあるが、これは領収書ではない。なぜこの時に領収書がもらえないのか。

それは実際にお店にお金を払うのはカード会社だからである。

領収書は現金を支払ったことを証明するものであり、クレジットカードの場合、購入者はお店側に現金を払っていないので領収書が発行されないのだ。

もし領収書を発行した場合、購入者もお店に現金で払い、カード会社もお店にお金を入れたことになってしまう。これでは実情と合わなくなってしまう。

領収書の代わりになるもの

ではクレジットカード支払いは経費にならないかというともちろんそんなことはない。きちんと代用の物で経費として申請可能だ。その代用となるものはずばり、利用伝票だ。これには領収書に必須となっている以下の情報が書いてあるため領収書の代用として十分利用可能となっている。

領収書に必要な情報

・宛名
・日付
・金額
・但し書き
・収入印紙(5万円以上の物に限る)
・発行者の会社名、所在地

領収書は絶対にもらえない?

基本的にクレジットカード支払いでは領収書は発行されない。しかし、絶対に発行されないというわけではない。法で禁止されているわけではないのでお店側の判断でOKなら発行してもらえる。基本的にサービス業であるお店の場合、断る理由も特にないので頼めば発行してもらえ場合も多いだろう。

しかし、お店側に発行義務がないことはおさえておこう。

利用伝票と収入印紙

利用伝票は領収書とは似て非なるものである。したがって基本的に「クレジットカードにて支払い」などの文言が記載してあり、この記載がある明細は税法上正式な領収書ではない。このため5万円を超えても収入印紙を貼る必要はないのだ。

これは発行する側となった際に注意が必要となる。もし利用伝票に収入印紙を貼ってしまった場合無駄になってしまうので、社員やアルバイトには徹底させよう。

注意点

・もし利用伝票に「クレジットカードにて支払い」などの記載がない場合は収入印紙が必要となる。

・クレジットカード支払いの場合、毎月クレジットカードの利用明細書を貰うことができるがこれは上記の情報が載ってないことがあるうえ発行元がカード会社であるため、領収書として扱うことはできない

まとめ

・クレジットカード支払いの際に領収書がもらえないのは、実際に支払いを行うのがカード会社であるためである。しかし、利用伝票が代用となり経費精算は可能。しっかりと保存しよう。

・また、利用伝票は厳密には領収書ではないので発行する場合、収入印紙は不要となっている。

・利用明細書は代用とならないため注意が必要。



そのほか領収書がもらえなかったとき、なくしたときの代用になるものはコチラで紹介しています!




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算