売掛金(うりかけきん)

Pocket

概要

「売掛金」とは、取引先との通常の営業活動で生じた代金の未収入金である。買掛金の逆に当たり、取引先からすると買掛金。製品や商品の代金を分割払いにした場合、一時的に代金が未回収の状態になるがこの未回収の代金がこれに当たる。債権にあたり、発生時は借方に、消滅時は貸方にそれぞれ記入する。決算時には貸借対照表の流動資産の部に残高を記入する。

売掛金であるための要件

以下の要件をみたす場合、売掛金として処理する。
・発生時、対応する貸方の勘定が費用である
・費用が未払いである
・費用が通常の営業活動(商品の販売など)で生じたものである
・手形を発行していない

売掛金の分類

短期であろうが、長期であろうが、勘定として用いるものは売掛金のみであるために、分類は特に存在しない。間違えやすい項目に商品等以外の備品や有価証券等を売却して代金が未収の場合は、未収金という勘定科目になる。

売掛金の具体例

・分割払い(支払っていない部分が売掛金に当たる)
・部品販売費(製造業が取引先のメーカーなどにネジ・ボルトを販売した場合など)

売掛金の仕訳例

1.A商店へ商品10万円分を掛にて販売し、代金は双方承諾した上で翌月の月末払いとした。
2.B商店との取引で発生した売掛金20万円を買掛金と相殺するものとした。

具体例の概要

1は売掛金の発生例である。なお、支払期限が設けられていない場合でも同様に売掛金勘定で処理する。
2は買掛金との相殺例である。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 100,000 売上 100,000
借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 200,000 売掛金 200,000

売掛金の注意点

売掛金には期限があり、その期限はは内容よる。宿泊費や飲食費などは1年が期限となり、建築代金などは3年となる。もし手形を発行した場合は、「受取手形」勘定を、通常の営業活動外で未収の売上が発生した場合(車両運搬具を販売した場合など)は、「未収金」勘定などとなる。
売掛金は取引先にお金を貸しているという状態であるため、慎重に執り行う必要がある。取引先が倒産すれば売掛金が回収できなくなり、自社も連鎖倒産の危機にさらされるためだ。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算