立替金と仮払金の違いはなんですか?

Pocket

立替金仮払金は同じ経過勘定、未決算勘定として扱われ、違いが分かりにくく間違えにくくなっています。
今回は立替金と仮払金2つの勘定科目の違いについて例を交えつつご紹介したいと思います。

立替金

会社や個人事業主が、会社内外に関わらず一時的にお金を立て替えて支払った金銭を立替金といいます。
立て替えた金銭のやり取りは一時的なものであり、長期間の返済がされないと貸付金と認定される場合もあります。

具体例

・本来取引先が負担する配送料などを一時的に立て替え払いした費用
・従業員の個人的な支払いを会社が立替えて支払った費用

会社側が一時的に何かしらの代金を融通した場合が立替金であり、使い道は明確でないといけません。
また、将来的に立替分を回収する必要がありますが、利息は不要です。
あくまで一時的であり、長期だと貸付金、など別の勘定科目になってしまうため注意が必要です。

仮払金

現金や小切手などで金銭を支払ったが、使い道や金額が未確定の場合に、それらが確定するまで使用する勘定科目のことをいいます。
仮払金は実際に行ってみるまでは、どのくらい金銭を利用するのか正確にはわからないような旅費交通費に使われることが多いです。

具体例

・支払は発生しているが科目や使い道がまだ未定の経費
・来月の出張費などを、先に概算支払いした未精算額

まだ使い道などが未確定なものに一時的に支払う場合が仮払金です。立替金との大きな違いは使い道が未確定という点ですね。
仮払金はその名の通り、必要だと思われる金額を概算で支払います。未確定の物なので実際の費用が確定し次第、清算を行い適切な勘定科目に振り替える必要があります。

まとめ

もういちど定義を確認しておきましょう
・立替金

    会社や個人事業主が一時的に立替えたお金、会社の内外は問わず。用途と使用額は確定

・仮払金

    一定金額を事前に支給し、その経費が確定するまでの仮の勘定科目用途と使用額は未確定

以上のような違いがあります。

実際の経理現場では立替金も仮払金も同じような扱いをすることが多く間違えられることも多いです。ここで立替金と仮払金の違いを正確に覚え、正しく処理しましょう。


経費や経理の勘定科目について悩んでいるあなた。
総まとめ経理用語集もぜひ参考にされてください!




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算