修理が修繕費にならない!?修繕費と固定資産の違い

Pocket

オフィスや備品などを修理したときに発生する費用は全額「修繕費」になると考えてる個人事業主の方も多いと思いますが、実際にはそうではありません。場合によっては「資本的支出」として扱われる場合もあります。キチンと違いを知って、経費のやりくりに役立てましょう。

修繕費が資本的支出として扱われるデメリットとは

修繕費と資本的支出には大きな違いがあります。それは修繕費が一度に経費として扱われるのに比べて、資本的支出は固定資産の取得価額に算出した上で「減価償却費」として耐用年数に応じて、経費にしていく必要があるのです。

どうすれば修繕費として認められるか

修繕費として認められる条件はいくつかあります

    ・修理や改良などの費用が20万円以下の場合、もしくは大体三年以内を周期として支出を定期的に繰り返している場合は全額修繕費として認められます。
    ・上記に該当しない場合でも、資本的支出と修繕費の見分けがはっきりとつかない場合、支出金額が60万円未満もしくはその資産の前期末取得価額の概ね10%未満というが条件を満たしていれば、修繕費として認められます。
    ・上の条件を持ってしても区分ができない場合は支出額の30%かその資産の前期末取得価額の10%の少ない方の金額を修繕費として、それ以外を資本的支出として処理できます。

最後に

個人事業主にとって今経費として扱われるのか、長い時間をかけて経費として扱われるのかの違いはとても大きいです。予想外の税金が出ない為にもしっかりと「修繕費」と「資本的支出」の違いを見極められるようにしておきましょう。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算