領収書在中は封筒のどこに書く?送付状の書き方と無料テンプレート

Pocket

コチラの記事で領収書を郵送する際に注意する点について解説しました。その際に出てきた在中送付状の書き方について、今回は詳しく紹介します。
同時に送付状のテンプレートもダウンロード可能なのでぜひ活用してください!

領収書在中を書く場所

領収書在中」の文字は見落とさないことを目的に書くので目立つように必ず封筒の表の左下など目につくところに記載します。この時、市販のハンコでも手書きでも問題ありません。目立たせる必要はあるので手書きの場合は、四角で文字を囲むなどの工夫をすると良いでしょう。

送付状の書き方

領収書を送る際はそれだけ送るのではなく、送付状を同封することがマナーとなっています。いざ書くときに詰まらないように今回はテンプレートもつけてご紹介します。

必須事項

①作成日付

いつ作成したか、は明記します。注意点として日付と送った日が離れていた場合印象が悪くなるため、なるべく書いたらすぐに送りましょう。

②相手側の名前

担当者名だけでなく
「会社名 担当部署名 担当者名」まで入れると届きやすくなります。

③自社の名前と住所

これを入れねばどこから送られてきたかわからなくなってしまいます。都道府県から明確に記載しましょう。

④題名

メールで言う件名に当たる部分です。何についての書類かわかるように明確で簡潔に記載しましょう。「領収書送付のご案内」などで問題ありません。

⑤拝啓+時候の挨拶+結び

これは季節に応じて記載する必要があります。ビジネスマナーの一環であり、時候の挨拶は季節によって異なるので調べてお書きください。
ちなみに以下は年を通して使うことができます。

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

「拝啓」と記載した場合には、結びに「敬具」と記載します。

⑥記書き

記書きとは、何を送付したか明記しておく部分です。「記 領収書 1枚」など完結に記載しましょう。

⑦以上

書類の終りにつけることがビジネスマナーとなっています。

以上がポイントです。正しく書くことを心がけましょう。

送付状テンプレート無料ダウンロード

領収書

<エクセルの10倍簡単!>Dr.経費精算の自動入力機能で経費精算の手間を最小化!

カラー印刷コストを抑えたいとお考えの方向けに、白黒印刷が可能なグレースケールタイプのシンプルな領収書テンプレートです。

無料テンプレート請求

会社名(必須)

担当部署(必須)

従業員数

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

プライバシーポリシーの記載に基づいて個人情報を適切に管理します。
プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

送付状って何を書けば・・・という方向けの白黒印刷が可能なグレースケールタイプのシンプルな送付状テンプレートです。宛名、自社名を記載し、時候の挨拶を変更すればすぐにつかえます!
領収書以外の送付にも利用可能です。
送付状の見本、テンプレート、サンプルとしてご利用ください。ワード表形式でつくられたこちらの送付状テンプレートは無料でダウンロードする事が出来ます。

Dr.経費精算ではほかにもさまざまなテンプレートを取り揃えています。領収書以外にもテンプレートをお探しの方は是非一度ご確認ください!→無料テンプレート




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算