シンプルな稟議書テンプレート無料ダウンロード・書き方

Pocket

稟議書とは、業務のために必要と思われる事について、決定権のある上司や役員などの承認を得る際に提出する文書です。物品の購入に使われることが多いですが、他にも事業の計画や人員の補充・研修などを申請する際にも使われます。
このテンプレートでは必要事項がフォーマットとしてまとまっているため、テンプレートを埋めるだけで稟議書が完成します!

稟議書の作成方法に不安がある方はこの記事で書き方も紹介しているのでぜひ参考にされてください!

稟議書

<エクセルの10倍簡単!>Dr.経費精算の自動入力機能で経費精算の手間を最小化!

カラー印刷コストを抑えたいとお考えの方向けに、白黒印刷が可能なグレースケールタイプのテンプレートです。

無料テンプレート請求

会社名(必須)

担当部署(必須)

従業員数

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

プライバシーポリシーの記載に基づいて個人情報を適切に管理します。
プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

稟議書の書き方

まず稟議書は、上司や役員などに業務のために必要と思われる事について、承認を得る際に提出する文書です。主に物品の購入や事業の計画、人員の補充・研修などを申請する際に使われます。

この稟議書はワークフローに沿って稟議されていくため、複数回稟議されることになります。そのため、なるべくわかりやすく簡潔に書く必要があります。

・内容が最重要

上記のように稟議書は上司によって複数回稟議されます。そのため、目的、理由、方法などを明確に書く必要があります。具体的には
・なにを目的としているか(目的)
・なぜそれが必要なのか(理由)
・それを用い、どうするか(方法)

などをわかりやすく、簡潔に書かなければなりません。それなりの規模の会社であれば上司に送られる稟議書の数も多くなり、内容がわかりにくければ承認されにくくなります。

・様々な角度から書く

稟議書はワークフローに沿って稟議されます。そのため、承認者の中には経理や社長だけでなく営業部長などもいるかもしれません。
そのため、誰が読んでも妥当性があり、納得できなければなりません。現場の意見に偏っていたり、独りよがりになっていては承認されにくくなります。

・反対意見を予想し、カバーする

大抵の場合、稟議する際に疑問や反対意見などがでてきます。そういった際に取り下げられ、再提出になってしまうとまたワークフローの1からやり直しになってしまいます。そうならないために、提案内容の問題点や課題は正面から取り上げ、それに対する解決策や考えなどを最初から記入しておくとよいでしょう。それが納得できるものであれば承認されるはずです。

・ワークフローを理解する

稟議書はその内容によって提出先や承認者が異なることがあります。そのため、そもそもの提出先や承認者をある程度把握し、その人に向けて書くと効果的でしょう。また、通常業務が忙しく稟議書の承認が滞ってしまった場合にもワークフローを把握していればどこで止まっているかを確認することも楽になります。


いかがだったでしょうか?このテンプレートは稟議書の見本、サンプルとしてご利用ください。ワード形式ですので必要に応じて編集し、項目を追加することも可能です。
また、承認印は自社のワークフローに合わせて追加、編集ください。

Dr.経費精算なら・・・

現在、Dr.経費精算では汎用ワークフロー機能を搭載予定です。
この機能を利用することで、汎用で使えるワークフローで様々な稟議書をDr.経費精算内から上げていくことが可能になります。その結果、申請者は紙で提出する必要もなく、承認者は疑問などをチャットなどで解決できるようになり、稟議がよりスムーズになります!
機能の搭載などアップデート情報は随時お知らせページで更新していくのでぜひご確認ください!


Dr.経費精算ではほかにもさまざまな稟議書テンプレートを取り揃えています。
稟議書テンプレート集

さらに稟議書以外のテンプレートをお探しの方もこちらを是非一度ご確認ください!
無料テンプレートトップ




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算