募集:正社員の中途採用についての稟議書テンプレート無料ダウンロード

Pocket

稟議書とは、業務のために必要と思われる事について、決定権のある上司や役員などの承認を得る際に提出する文書です。今回は中途採用で正社員を募集する際に使える稟議書のテンプレートです。

正社員の中途採用では募集する段階と実際に採用する段階など稟議書が必要な場合は何段階かあり、その都度必要な稟議書の形式も異なります。このテンプレートは募集する段階の稟議書です。人が決まっている場合の稟議書テンプレートも用意してあります、コチラを参考にされてください。
このテンプレートでは必要事項がフォーマットとしてまとまっているため、テンプレートを埋めるだけで稟議書が完成します!

また、人員採用に関するテンプレートはコチラから
採用形態に関わらず稟議書などをそろえています。

稟議書の作成方法に不安がある方はこの記事で書き方も紹介しているのでぜひ参考にされてください!

中途募集稟議書

<エクセルの10倍簡単!>Dr.経費精算の自動入力機能で経費精算の手間を最小化!

カラー印刷コストを抑えたいとお考えの方向けに、白黒印刷が可能なグレースケールタイプのテンプレートです。

無料テンプレート請求

会社名(必須)

担当部署(必須)

従業員数

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

プライバシーポリシーの記載に基づいて個人情報を適切に管理します。
プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

中途採用募集稟議書の書き方

まず稟議書は、上司や役員などに業務のために必要と思われる事について、承認を得る際に提出する文書です。

正社員を中途で採用する場合、さまざまなパターンがありますが、今回は正社員の中途採用を募集する際の稟議書テンプレートになります。どの場合でも正社員を雇うことは会社にとって大きなことなため、稟議は必ず必要でしょう。稟議書はワークフローに沿って稟議されていくため、複数回稟議されることになります。そのため、なるべくわかりやすく簡潔に書く必要があります。

・採用計画を組み立てる
中途採用の場合、ほしい人材は基本的に即戦力となる人になるでしょう。
そのためには「どこに、どんなスキル・能力の人が、何人必要か」を明確にし、それにかけられるコストも算出しておく必要があります。
会社の今後の展開などを踏まえ、有効な人材を募集しましょう。

・どのように募集するか
募集したい人物像が定まった後にはどのように募集するかを検討する必要があります。
具体的には、転職サイトなど媒体に広告をうつのか、エージェントなどを活用するのか、などです。それぞれ一長一短なので、現在の自社の状況と欲しい人材に合わせて募集方法を決定しましょう。

・様々な角度から書く
稟議書はワークフローに沿って稟議されます。そのため、承認者は人事部や社長だけではないかもしれません。
そのため、誰が読んでも妥当性があり、納得できるものでなくてはなりません。現場の意見に偏っていたり、独りよがりになっていては承認されにくくなります。


いかがだったでしょうか?このテンプレートは稟議書の見本、サンプルとしてご利用ください。ワード形式ですので必要に応じて編集し、項目を追加することも可能です。
また、承認印は自社のワークフローに合わせて追加、編集ください。

Dr.経費精算なら・・・

現在、Dr.経費精算では汎用ワークフロー機能を搭載予定です。
この機能を利用することで、汎用で使えるワークフローで様々な稟議書をDr.経費精算内から上げていくことが可能になります。その結果、申請者は紙で提出する必要もなく、承認者は疑問などをチャットなどで解決できるようになり、稟議がよりスムーズになります!
機能の搭載などアップデート情報は随時お知らせページで更新していくのでぜひご確認ください!

Dr.経費精算ではほかにもさまざまな稟議書テンプレートを取り揃えています。
稟議書テンプレート集

さらに稟議書以外のテンプレートをお探しの方もこちらを是非一度ご確認ください!
無料テンプレートトップ




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算