「経理」と「会計」と「財務」一体どう違う?

Pocket

経理」と「会計」と「財務
これらは社会人をしていれば切っても切り離せないもので誰でも聞いたことがあると思います。
しかし、これら3つの違いはしっかりと把握していますか?
実は案外中身は異なるものなのです。

今回は混同されやすい経理・会計・財務の3つの違いについて解説します!

身近な「会計」

この3つの中で一番身近なものは会計でしょう。
仕事の会計以外にも「お店でのお会計」など日常生活でも「会計」という単語は使われています。

この会計の意味はお金や物品の出入りに関する記録、計算、管理全般のことを指します。

そのため、お金やモノが動く家計から国単位まで「会計」という言葉は使われているのです。
特にビジネスに関する会計はお金の出入り=利益を扱うことを意味します。

ちなみに会計は「管理会計」と「財務会計」の2つに分けることができます。この2つの違いについては最後に解説します。

仕事でよく聞く「経理」

経理部・経理担当者、ビジネスに身を置いていれば必ず縁のある言葉が「経理」でしょう。経理は仕事でとらえると分かりやすいです。
実はこの「経理」は「会計」と重なる部分があります。簡単に言うと企業において「会計を担当する人」が経理に当たるためです。
しかし経理は会計をするだけでなく、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)、キャッシュ・フロー計算書(C/S)など決算書の作成や法人税などの税金の申告などの業務も行います。
これらが「経理」という仕事になります。

一番違う「財務」

会計と経理はやや近いものでしたが、「財務」はこの2つとは少し異なります。
財務の仕事は、経理が作成した決算書を元に企業の融資などの資金調達から資金運用、予算の管理などを行うことです。

お金の出入りを管理するという意味で会計と似ていると感じる方もいるかもしれませんが、会計が「今までの利益の出入り」つまり過去を扱うのに対し、財務は融資や投資計画、その資金の配分など「今後の資金運用」つまり未来のことを扱う、という違いがあります。
そのため財務は会社の将来を決めるという性質があり、財務の知識が社長や役員に求められるのです。

まとめ

会計とは

・お金や物品の出入り(利益)の記録、計算、管理全般のこと
・過去のことを扱う

経理とは

・会計・給与に関する事務。また、それを処理すること
・管理した帳簿などから決算書の作成や税金の申告などをおこなう

財務とは

・決算書をもとに融資や投資計画、資金の運用などを行うこと
・未来のことを扱う

管理会計と財務会計の違い

最後に管理会計財務会計の違いについてご紹介します。

まず管理会計はその名の通り売上やコスト、利益の管理、及び分析を行います。
例えるとどの製品が儲かっていて、どの部分にコストがかかっているか、などを管理分析します。
この管理会計は部署単位や経営企画部などが担当していることが多くなっています。

一方財務会計とは先ほど紹介した経理が担当する会計がこれに当たります。
具体的には伝票の起票、帳簿の記帳などです。
財務会計は経理が担当しています。


いかがだったでしょうか?「経理」と「会計」と「財務」、この違いはかなりわかりにくく、複雑です。
この記事で少しでも理解していただけたら幸いです。

ただし、これらの細かい区分や違いは人や企業によって異なっていることが多くなっています。
同じ会社、業界でも世代や役職によって考え方が異なるためです。
そのため今回のこの記事の区分はあくまで参考にとどめ、自社の区分に合わせていってください。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算