BearTailは、新スキャナ保存制度の申請をします 〜準備編〜

Pocket

平成28年度税制改革に伴う電子帳簿保存法対応の承認申請が本日(9/30)から始まります!
今回の改正に伴い、スキャナ保存制度が大きく緩和され、一定条件を満たすとスマートフォンのカメラで撮影した領収書の画像を電子保管することが可能となりました。

 

9月30日から、所轄税務署長への申請が開始され、平成29年1月1日から運用が開始されるようになります。運用開始の3ヶ月前から申請が必要です。

 

もちろん・・・!

 

全自動、スマホで超簡単経費精算を謳い、平成28年度改正電子帳簿保存法の要件にも対応した「Dr.経費精算」を提供しております、株式会社BearTailは1番乗りを狙って申請します。
※ 詳しい申請書作成の方法は、弊社申請書が承認された内容を参考に、「本当に申請できる」という事実のもとお伝えするため、今しばらくお待ちください。

 

 昨日 2016年9月29日 

この日のために、有識者との意見交換を行い、準備をしてきた担当のA藤さんが資料をプリントアウト、提出の準備をしておりました。
「電子帳簿保存法」とはいうものの… 申請書はちゃんと紙!!!
我が社のプリンターがここぞとばかり頑張って印刷しておりました。
必要な書類は、、、
① 電子帳簿保存法に対応したシステムの概要を記載した書類
② 電子化する事務手続の概要を明らかにした書類(事務処理規定・・)
③ 申請書(国税庁のHPからダウンロード)
…. etc.
※ 正確で詳しい申請書の内容は、弊社申請に基づき、「ちゃんと申請できる」内容にてお伝えするため、今しばらくお待ちください。

 

じゃーん!


 

img_3730

 

最終チェックする社長とS原さん。

 

img_3731

 

書類は問題なさそうです!

 

とりあえず、改めてエンジニアを讃えるため、とりあえず記念撮影。しっかりタイムスタンプ付与機能にも対応しております。
img_3761

 

最速で2017年1月1日から運用開始するには、最速の申請を行えるのが、2016年9月30日。
ということで、株式会社BearTailは、問題なく、申請書は提出できそうです。できました!

 

img_3736

 まとめ 

・最速で株式会社BearTailは申請書を提出し、承認に基づいた、導入支援も行います。
・電子帳簿保存法とはいえ、承認申請は、ペーパーベースでしっかり提出しないと認められません。
・Dr.経費精算は、しっかりと電子帳簿保存法の要件に基づいたシステムを提供します!



Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算