経理業務効率化!法人クレジットカードを使用するメリット

Pocket

近年やネットやオンラインでのショッピング・決済などが普及し、クレジットカードを使用する機会も多くなっています。多くの人が個人用に1枚、または複数枚持っていることでしょう。
では、ビジネスとして使う場合と個人用で使う場合、どのように分けているでしょうか?
混同して使っていた場合、経費精算の際に分けなければならず手間となる上、間違えも発生しやすくなります。

そこで今回は導入する企業も増加している法人クレジットカードについてご紹介します。

法人クレジットカードとは

そもそも法人用のクレジットカードとはどのようなものなのでしょうか。
法人クレジットカードとは「会社や個人事業主などの企業・法人」にたいして発行されるクレジットカードのことです。名義に関しては少しややこしいのですが、

カードは法人に所属する個人名義
引き落とし用の銀行口座は法人名義

となっています。

法人クレジットカードのメリット

さて以下では法人クレジットカードを導入するメリットをご紹介します。

・細かい経理とのやり取りがなくなる

名義が上記のようになっているため、社員ごとにカードは発行されますが、引き落としは会社の口座になります。そのため、現金でのやり取りや立替金の精算がなくなり、経理事務が一気に楽になります。

・明細書で一気に精算可能

基本的に経費精算は日付・目的・金額などが正確でないと経理が処理できません。そこでクレジットカードの利用明細を使用することでいつ・どこで・誰が使用したかが一目瞭然となり、経費精算・経理業務を効率化することが可能になります。
多くの場合、利用明細はクレジットカード会社のサイトで電子データとしてダウンロードすることが可能であり、手書きをする必要もなくなります。経費精算システムによってはカードと連携することも可能となっており、より効率化可能です。

・公私の区別

特に個人事業主の方の場合、法人用を作成することで公私区別をつけやすくなり、確定申告などの際に処理が楽になります。また、個人カードのみだと限度額に達してしまうこともありますが、法人用を作ることで分散させることも可能です。
企業に所属している場合でも個人用と併用していた場合、経費精算の手間が増加することになります。

・勘定科目ごとに分けることが可能

月に何度も使用するような勘定科目の場合、例えば外回りの営業で何度もガソリンを入れる場合などはガソリン専用のクレジットカードを作ることで1回1回精算する必要がなくなります。特に頻繁に使う科目の場合は専用のカードを作ってもよいでしょう。

法人クレジットカードの注意点

  • 分割払い
  • 分割払いの場合、来期分以降などまだ未払い状態でも未払金ではなく、減価償却費として処理する必要が出てくる場合があります。また、分割払いによる手数料が発生した場合、これも経費となります。

  • 審査
  • 個人と異なり、法人クレジットカードは審査が必須となります。その条件はカード会社やカードの種類によって異なります。したがって起業したての場合や個人事業主は申し込んでも審査にはねられる可能性があります。注意が必要です。

  • 領収書
  • 利用明細だけでなく領収書が必須な場合もあります。そのためできる限り領収書、またはレシートは保管しておきましょう。

    まとめ

    今やなじみの深いクレジットカードですが、法人用として利用することで経理業務を大幅に効率化することが可能です。審査などはありますが、一度検討してみてはいかがでしょうか


    Dr.経費精算では電子明細自動取得によってクレジットカードや電子マネー等の利用明細を自動取得し、取り込まれたデータをもとに経費精算ができます。
    PCだけでなくアプリなども使用可能で経理業務や経費精算の時間を大幅に減少させることが可能なのでぜひお試しください!




    Dr.経費精算の導入を相談する

    Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




    Pocket

    経費精算テンプレート | Dr.経費精算