経費精算の時間を91%削減、Dr.経費精算は営業の生命線です(弁護士 河瀬 季)

Pocket

コスモポリタン経費精算1

自らもイースターモバイル株式会社の代表取締役を務め、企業経営者やベンチャー執行役員の経験から企業法務、元ITエンジニアの経験からIT/ネット関連の事件に専門性を持っている、コスモポリタン法律事務所(東京)の所属弁護士の河瀬様は、リリース直後からDr.経費精算を利用。様々な顔を持ち、経費精算先も多岐にわたる中、Dr.経費精算が重要な役割をしているという。

ご利用中のプラン:パーソナルプラン

 導入目的

・正確な経費レポートの作成
・経費精算の時間短縮

 課題

・月間150枚にも及ぶ領収書の管理
・顧問先毎の経費レポートの作成

 効果

・経費レポートまでの作成が11分の1で終わる
・領収書は撮影するだけで経費作成ができる
・顧問先毎に経費レポートをメールで送信できる

 

20131228_P1140130_by_s_ishizuki

– これまでのご経歴をお聞かせ下さい

弁護士(第二東京弁護士会所属)。フリーランスでIT関連のエンジニア・ライターとして活動した後法曹に転身。弁護士資格取得後はITに強い弁護士として、IT関連ベンチャー企業などの顧問を務めています。

– 事業内容を教えてください

企業法務/IT関連の案件に強い法律事務所にて、IT関連ベンチャー企業の顧問を中心に弁護士業務をしております。三菱東京UFJ銀行やソフトバンクグループなどの企業が運営するウェブサイトで法律関連記事の執筆、IT弁護士として講演活動等を行っています。また、弁護士主宰法人であるイースターモバイル株式会社の代表取締役として、携帯電話のデータ復旧サービス等を行っています。

– Dr.経費精算の導入のきっかけを教えてください

複数の顧問先毎に費用が発生し、それぞれ精算する必要があります。多忙な業務の中で、短時間で正確に経費精算・レポート作成をしなければなりませんでした。そんな時、顧問先企業から「Dr.経費精算でその悩みを解決できる」と紹介を受け15日間無料トライアルを開始しました。

– Dr.経費精算の効果をお聞かせ下さい

入力の手間を大幅に削減することができ、実に91パーセントの時間削減につながりました。また、費用の入力漏れや金額のミスなどが発生しなくなりました。経費精算は仕事をする上での信頼関係に繋がるので非常に気をつけていましたが、そういった細かなストレスから解消されるのは嬉しいです。

– 経費管理には変化はありましたか?

顧問先毎にファイルを作成、都度Excelへ手入力。それらを元に顧問先毎に請求書及びレポートを作成していました。Dr.経費精算を導入したことで、スマホのカメラで領収書を撮影、経費を顧問先毎に作成したレポートに紐付けるだけで、経費レポートが完成するようになりました。作成した経費レポートはそのままメールで送信しています。

– 弁護士から見て、Dr.経費精算はどのように映るのでしょうか?

付加価値の高い業務に取り組む時間を増やすことで、弁護士としての価値を最大限発揮出来ると考えています。その意味でDr.経費精算は、営業の生命線です。削減可能なペーパーワークからは開放されたいと考えている多くの弁護士に勧めていきたいですね。

– Dr.経費精算を活用した今後の事業展開をお聞かせ下さい

IT弁護士として、Dr.経費精算を初めとしたクラウドサービスを継続的に活用することで生産性を高め、さらに多くの顧問弁護業務、ビジネスに携わっていきたいと考えています。

事業者概要

事業者名 河瀬 季
事業内容 弁護士
設立 2014年12月



Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket