なんでも自動化が好きな自分は、Dr.経費精算での経費管理が心地よい(フリーランスエンジニア米本 剛士)

Pocket

iOSエンジニア経費精算

ITベンチャー企業の新規事業立上げをフリーランスのiOSエンジニアとして支援している米本様は、面倒な経費精算を自動化できる事を魅力に感じ、他の業務自動化サービスの仲間にDr.経費精算をいれました。

ご利用中のプラン:パーソナルプラン

 導入目的

・経費業務の自動化

 課題

・領収書の保管と整理
・領収書の経費データ化

 効果

・スマホアプリで撮影するだけで経費化できた
・クラウド上で検索可能な領収書データができた
– これまでのご経歴をお聞かせ下さい

大学でiOSアプリ開発を初めて、そしてアクトキャットの共同創業者として企業しました。その後フリーランスのiOSエンジニアとして新規事業行うスタートアップや企業を支援しています。

– 事業内容を教えてください

主に、ITベンチャー企業の新規事業立ち上げにおけるiOSエンジニアとして関わっています。

– Dr.経費精算の導入のきっかけを教えてください

Dr.Walletを個人ユーザとして使っており、確定申告にも使いたいと思っていた所に専用サービスがリリースされたので早速使ってみることにしました。

1ヶ月の領収書処理がわずか30分で完了しました

– Dr.経費精算の効果をお聞かせ下さい

半日は掛かりそうだった1ヶ月分の領収書処理が30分ほどで完了しました。また勘定科目の入力は、本当に面倒に感じていてので合わせて入力してくれるのは本当に助かります。

– 経費管理には変化はありましたか?

直接クラウド会計ソフトfreeeに領収書を見ながら手入力していましたが、一度Dr.経費精算で経費領収書は全て、登録してからfreee形式でエクスポート。そのまま、freeeにインポートするようにすることで、効率化が実現しました。

– エンジニアから見て、Dr.経費精算はどのように映るのでしょうか?

手軽に、領収書の入力業務を外注することができます。Dr.経費精算を使うことで自分の業務時間が増え、より付加価値の高いサービスをお客さんに提供できるようになります。間違いなく価値のあるサービスです。

事業者概要

事業者名 米本  剛士
事業内容 フリーランスiOSエンジニア
設立 2015年1月



Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket