領収書を紛失したときに代用となるものはなんですか?

Pocket

レシート

これはコチラの記事にも記述してあるが詳細な記載がなされていれば問題なく領収書の代わりになる。ただし、金額しか書いてないような簡素なものは不可。

クレジットカードの利用伝票や請求明細

カードの利用伝票は日付や振込先、金額が記載されているため、代用可能。請求明細も領収書の代わりに使うことは可能だが、請求明細だけでは「消費税の課税計算ができない」とされているので税務調査の際に税務調査官に説明する必要があり、余分な手間となる。したがって利用伝票のほうがおすすめである。
しかし、クレジットカード会社からの利用明細、いわゆる引き落としの通知などは購入先や品目などがわからないため領収書の代用とならないので注意が必要となる。

通販の明細などをプリントアウトしたもの

通販を利用した場合、取引内容確認のメールや取引画面のプリントアウトも日付や取引先、商品名、金額、支払者の名前などが記載されているため領収書と代用可能。支払者名が個人名であっても社内で「法人名でなくてはならない」などの決まりがなければ会社の購入として扱うことができる。しかし、納品書や、出荷明細書は代用にならない。これは「納品」「出荷」を証明する物であり、「代金支払」を証明したものではないため代用不可。

その他

・挨拶状や招待状など
パーティーや葬式など、領収書などをもらいにくい場合は、その開催を告知する挨拶状や招待状、招待メールのプリントアウトが領収書の代用となる。またお祝い金や香典など同様に領収書を発行できないものもその袋のコピーで代用可能である。

注意点

以上のように様々なものが領収書の代用として利用可能。しかし、どんなものでも記載すべき事項が記載されていない場合は代用できない。
記載すべき事項
・宛名
・日付
・金額
・但し書き
・収入印紙(5万円以上の物に限る)
・発行者の会社名、所在地

これらが入っていればどんなものでも領収書として扱うことは可能。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算