【全44システム!】国内の経費精算システム徹底比較まとめ

Pocket

近年経費精算をシステム化する企業が増加しています。
平成28年の税制改正によってスキャナ保存が広く可能になり、ますます経費精算システムは主流になっていくでしょう。経費精算システムを導入すれば人件費の削減や業務の効率化、さまざまなメリットを見込むことができます。

しかし、主流になって多数のサービスが出現したことで

    「経費精算システムを導入したいが、どれだけの種類があるのかわからない…」
    「いろいろあるワークフローシステムの中で、どれを選べばいいのか判断できない…」

こういった悩みを持つ方も増えているのではないでしょうか?

確かに現在経費精算システムは多数にあり、経理や財務担当の方が比較検討するために調べるのですら一苦労です。
さらにシステムごとに一長一短があり、パッケージ型クラウド型大企業向き小規模向け、様々です。自社の状況をしっかりと見据えなくてはなりません。
そこで今回は、国内の経費精算システム一覧を総まとめしてみました。
機能・特徴・料金とまとめてあるのでぜひ比較検討してみてください!

紹介サービス一覧

1.Dr.経費精算
2.eKeihi(イーケイヒ)
3.経費精算freee
4.皆伝(カイデン)
5.AXL経費(アクセルケイヒ)
6.社長の経費精算システム
7.Staple(ステイプル)
8.Kintone旅費交通費精算
9.Streamed(ストリームド)
10.経費支払デザイナー
11.Systemaflow(システマフロー)
12.kincone(キンコン)
13.駅すぱあと通勤費申請Web
14.経費bank
15.rakumoケイヒ(ラクモケイヒ)
16.Encollabo交通費精算
17.ネクストICカード
18.経理参上
19.MajorFlowクラウド(メジャーフロークラウド)
20.Business Navitime 交通費パッケージ
21.ExchangeUSE(エクスチェンジユーズ)
22.Traveler’s WAN(トラベラーズワン)
23.MJSLINK NX-I ワークフロー
24.ECOAS経費・旅費精算(エコーズケイヒ・リョヒセイサン)
25.Team Spirit
26.ハイ!経費
27.HeadPro経費精算
28.iS-Trip(アイエストリップ)
29.Concur Expense
30.クラウドERP ツバイソ
31.経費精算ワークフロー
32.WAVE225
33.経費精算幕僚Ⅲ
34.Bofi:(ボファイ)
35.Merrybiz(メリービズ)
36.ProActive E²(プロアクティブ)
37.らくらく定期.net
38.楽楽精算
39.DirectInputSystem(ダイレクトインプットシステム)
40.ジョブカン経費精算
41.MFクラウド経費精算
42.Clear Works会計ワークス
43.desknet’s NEO
44.じゃらんコーポレートサービス

参考
https://boxil.jp/expense/a1420
http://it-trend.jp/expense_system/

1.Dr.経費精算

Dr.経費精算は、国内最大規模の家計簿アプリ「Dr.Wallet」を運営する、株式会社BearTailが展開するクラウド経費精算システムになります。

機能

  • 領収書を撮るだけで自動データ化。オペレーターによる手入力で精度保証
  • クレカや電子マネーの明細を自動取得
  • スマホ完結だから出先で精算完了
  • 勘定奉行、弥生、COMPANYなど大手ERPにも対応
  • 特徴

    領収書の自動入力だけでなく、交通経路の検索タッチするだけのICカード自動連携など多数の機能を備え、従業員の手間を最小化。経費精算にかかる無駄な時間を徹底的に効率化できます。

    事業形態や規模問わず導入でき、実際にベンチャー企業から500名を超える上場企業での採用実績も多数持っています。

    また、2016年の税制改正にあわせタイムスタンプシステムにいち早く対応。国内初となるタイムスタンプ付与機能がついた「Dr.経費精算タイムスタンプ版」もリリースしています。

    料金

    初期導入費用:0円
    コーポレートプラン:月額29,400円~ (30ID~)
    パーソナルプラン:月額980円~ (1ID~)
    無料トライアルあり

    参考URL : https://www.keihi.com/

    提供企業:株式会社BearTail

    2.eKeihi(イーケイヒ)

    機能

  • 交通系ICカード読込
  • 会計ソフト連携(自動仕訳)
  • 特徴

    経費精算に関わる全ての業務の一元管理を実現。サービス自体に15年以上の歴史があり、導入実績も1600社と豊富な経費精算システムです。要望に合わせ、「オンプレミス型」「クラウド型」どちらも選べる「ハイブリッドシステム」も特徴。

    料金

    オンプレミス型

      初期費用:650,000円/税抜~
      保守費用:72,000円/年額、税抜~

    クラウド型

      初期費用:100,000円/税抜~
      月額費用:20,000円/税抜~

    参考URL : http://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

    提供企業:イージーソフト株式会社

    3.経費精算freee

    機能

  • 経費申請はスマホで写真を撮るだけでOK
  • 精算額を会計ソフトfreeeに反映可能
  • 特徴

    スマートフォンのカメラで領収書を取り、たった4項目を打ち込むだけで経費申請をすることが可能な経費精算システムです。
    さらに認証された経費を最短1クリックするだけで、会計ソフト「freee」に飛ばすことができますので、経費精算と会計処理が同時に行うことができます。

    料金

    ライトプラン:月額1,980円(税別)~
    ビジネスプラン:月額3,980円(税別)~
    無料トライアルあり

    参考URL : https://www.freee.co.jp/features/keihiseisan

    提供企業:freee株式会社

    4.皆伝(カイデン)

    機能

  • 経費管理や勤怠管理など会計・人事領域の主要業務を網羅
  • 基幹システムとの連携機能
  • 特徴

    経費・旅費に関する経費・会計の豊富な機能がついています。
    また精算申請と紐づいたQRコードを、領収書台紙に印刷、読み取ることで精算申請の際に自動で紐づけます。グローバルでの活用、グループ企業での利用に対応しており、様々な導入形態、ビジネススタイルに対応可能です。

    参考URL : http://www.slcs.co.jp/products/kaiden_travel/index.html

    提供企業:スミセイ情報システム株式会社

    5.AXL経費(アクセルケイヒ)

    機能

  • スマートフォン/マルチブラウザ対応
  • ジョルダン社の「乗換案内」を搭載
  • 特徴

    会計システム、銀行オンラインシステムと連動ができる経費精算システムです。仕訳データやファームバンキングデータを、そのままダイレクトにそれぞれのシステムに受け渡しが可能になっています。
    また社内の業務フローをデジタル化し、順列・グループ承認などワークフローに必要な基本機能に加え、承認者転送、公開、メール通知機能などの便利な機能を多数搭載しています。

    料金

    初期導入費用:0円
    月額費用:350円(税抜)/1ID
    無料トライアルあり

    参考URL :http://axlbox.com/service/axlkeihi/index.html

    提供企業:AXLBIT株式会社(アクセルビット株式会社)

    6.社長の経費精算システム

    機能

  • 専門知識不要で1秒1仕訳
  • 社長の経費を立替金扱いにすることで毎日の確認作業を軽減
  • 特徴

    個人事業主や中小企業を対象とした経費精算システムです。記帳代行をお願いしたい企業と記帳代行業務を行う会計事務所の両方の負担を軽減でき、専門知識も不要なため、経営に集中したい社長でも入力が可能です。
    社長の立替金扱いで、未払金とみなされる処理するための現金勘定がなくなります。入力したデータは連携できる会計ソフト「弥生会計」「Crew」などに取り込みも可能です。

    料金

    無料ダウンロード可能(90日間)
    ※それ以降の利用の際は問い合わせ

    参考URL :http://www.bisco24.com/lp/expense/

    提供企業:株式会社アックスコンサルティング

    7.Staple(ステイプル)

    機能

  • スマホ完結
  • 振込作業まで完全自動化
  • 特徴

    個人事業主、従業員規模10~20人規模の程度のベンチャー、中小企業をターゲットとした経費精算システムです。スマートフォンですべての業務が完結し、また弥生会計と連動しているので、経理担当者は会計ソフトへの経費データの二重入力の手間がなくなります。

    料金

    初期導入費用:0円
    月額料金:600円/1ユーザー(税別)
    無料トライアルあり

    参考URL : https://staple.jp/

    提供企業:クラウドキャスト株式会社

    8.Kintone旅費交通費精算

    機能

  • 乗換案内Bizとの連携により簡単交通費精算
  • 会計システムとも連携可能
  • 特徴

    ジョルダン株式会社の「乗換案内Biz」と連携でき、手間をかけることなく経路探索や交通費の算出が可能な経費精算システムです。検索結果は自動でアプリに反映されるので入力の手間もありません。
    また自社にあったカスタマイズが容易にできるので、業務の効率化が図れます。

    料金

    初期導入費用:100,000円
    月額費用:400円/人
    ※kintoneスタンダードコースのご契約が必要となります。
    無料トライアルなし

    参考URL : https://kintone-sol.cybozu.co.jp/integrate/csl001.html

    提供企業:サイボウズ株式会社

    9.Streamed(ストリームド)

    機能

  • 領収書や通帳をスキャンするだけで仕訳データを作成
  • 会計ソフト形式のCSVデータでダウンロードして、仕訳データとしてそのまま取り込み可能
  • 特徴

    経理担当者向けの自動記帳サービスです。
    領収書をスキャンするだけでたった1営業日で99.9%正確にデータ化。
    同じ領収書をスキャンしてしまっても、仕訳に重複マークが付くなど、アラート機能もあります。

    料金

    個人事業主プラン
    プロプラン・ライト:月額300円
    プロプラン:月額1,950円
    無料トライアルあり

    参考URL : http://streamedup.com/

    提供企業:株式会社クラビス

    10.経費支払デザイナー

    機能

  • 振込支払データも含めた総合的な支払予定管理
  • 同社の多数のシステムと連携可能
  • 特徴

    支払業務の管理・支払実務までを、一元化して処理することができる経費精算システムです。
    会計周りの仕訳データも読み込みができるので、振替伝票入力などの業務の簡略化を実現。また同社が運営している「経営デザイナー」と「業務デザイナー」とも連携が取れるので、内部統制の確立が可能です。

    参考URL : http://www.utc-net.co.jp/pdtop/index.html

    提供企業:ユニオンシンク

    11.Systemaflow(システマフロー)

    機能

  • ワークフローシステムから生まれたから承認申請に強い
  • 入力しやすい画面レイアウト
  • 特徴

    みずほ情報総研が提供するワークフローシステムから生まれた経費精算システムです。
    そのため、承認申請や案件の進捗画面画面がわかりやすく、申請途中でのルート変更などが可能です。またシンプルで使いやすく、初めて触る方にも簡単に使いこなすことできます。

    料金

    Systemaflow基本ライセンス:100万円~
    テンプレート:50万円~

    参考URL :http://www.mizuho-ir.co.jp/solution/corporation/backoffice/finance/expense/index.html

    提供企業:みずほ情報総研株式会社

    12.kincone(キンコン)

    機能

  • 毎朝ICカードをタッチするだけで勤怠管理
  • 交通機関の情報もタッチと同時に読み取り、交通費精算にかかる労力を削減
  • 特徴

    交通系ICカードをスマートフォンやFeliCaリーダーにタッチし、「キンコン♪」と鳴ったら読み取り完了というシンプルなもの。これだけで勤怠管理が可能であり、交通費精算の時間も削減できます。
    またkintoneと連携することでワークフロー(社内申請管理)機能までワンストップで完結します。

    料金

    月額費用
    ベーシックプラン:200円/人
    kintone連携プラン:250円/人
    無料トライアルあり

    参考URL :http://www.kincone.com/

    提供企業: 株式会社ソウルウェア

    13.駅すぱあと通勤費申請Web

    機能

  • 通勤経路の申請・承認。申請経路の最安、最短などのアイコン表示
  • 歩行者・自動車ルートの検索機能
  • 特徴

    インターネット上で、通勤経路のデータを作成できる経費精算システムです。通勤経路だけでなく、地図連携で住所から徒歩などの最適な経路を検索可能。鉄道定期券の払戻しは「駅すぱあと」で自動計算します。
    鉄道定期券・バスの払戻し計算も、マスタ管理で自動計算ができます。

    料金

    初期導入費用:有
    年額費用:129,600円~(税込) 50人~

    参考URL : https://ekiworld.net/service/business/web/index.html

    提携企業:株式会社ヴァル研究所

    14.経費Bank

    機能

  • スマートフォン/マルチOS対応
  • 会計仕訳データとFBデータを簡単作成
  • 特徴

    経費Bankは、利用している会計ソフトに対応した、会計仕訳データの作成が可能です。個人への経費精算と同様、振込み用のFBデーターを作成し、簡単に振込み作業を行うことができるため、経理の業務を削減。駅すぱあとと連携し、ICカードの読込も可能なため、従業員の手間も省けます。

    料金

    初期導入費用:180,000円
    月額利用料:25,000円(1~50ユーザー)
    月額追加ID利用料:10,000円(50ユーザー単位)

    参考URL : http://keihibank.sbi-bs.co.jp/

    提供企業:SBIビジネス・ソリューションズ株式会社

    15.rakumoケイヒ(ラクモケイヒ)

    機能

  • 運賃・乗換え情報との連携で素早く交通費精算
  • rakumoカレンダーとの連携で、スケジュールから交通費を自動計算
  • 特徴

    現在1000社以上の企業に導入されている、クラウド型グループウェアrakumoが提供する「rakumoケイヒ」。日々のスケジュール管理が、そのままの経費管理になります。また運賃、乗換情報がわかる「NAVITIME」と連携されています。
    同社の製品「rakumoワークフロー」と連携することで経費の承認申請もスムーズに行えるようになっています。

    料金

    1アカウント:300円(税抜き) / 月
    ※ただし、契約の際は12ヶ月単位での契約が必要。
    無料トライアルあり

    参考URL :https://rakumo.com/product/expense

    提供企業:rakumo 株式会社

    16.Encollabo交通費精算

    機能

  • 様々な働き方をサポートする勤怠管理機能
  • 通常勤務だけでなく有給休暇管理や代休管理等にも対応
  • 特徴

    勤怠管理サービスのエンコラボ。
    フレックスタイム制や1日複数勤務など様々な勤務形態に対応でき、勤務表(タイムカード)の作成は驚くほど簡単になります。申請管理を導入することで休暇や時間外勤務などの届出を電子申請として利用可能になります。

    料金

    初期導入費用:30,000円
    月額費用
    勤怠管理:300円/人
    勤怠管理+申請管理:400円/人
    無料トライアルあり

    参考URL :https://www.encollabo.jp/jinji/

    提供企業:株式会社ニックス

    17.ネクストICカード

    機能

  • タブレットにICカードをかざすだけ
  • 管理者はボタンひとつで簡単集計
  • 特徴

    余計な機能は極力排除し 本当に使う機能のみを残した交通費精算システム。
    申請者はSuica、Pasmoなどをタブレット端末に毎日タッチするだけ。承認者は一覧で訪問先を見てワンクリックで承認。管理者は対象社員を選択し、確認。csvのダウンロードなども可能です。1ユーザーからでも始められます。

    料金(クラウド版 標準プラン)

    初期導入費用:0円
    ASP利用料:10,000円~
    ユーザー利用料:400円/人
    無料トライアルあり

    参考URL :http://next-iccard.jp/

    提供企業:株式会社ジオコード

    18.経理参上(ケイリサンジョウ)

    機能

  • 出張申請/精算と近距離交通費精算
  • クレジットカードと連動した経費精算
  • 特徴

    経理参上は、個人立替経費精算、購買(請求書支払い)精算や振替伝票記票などを網羅したWeb対応型統合経費精算パッケージです。
    会計フロントに特化しており、現場入力、承認ワークフロー機能を網羅。パソコンに不慣れな方でも説明書なしですぐに使えるインターフェースとなっています。

    参考URL : https://www.tis.jp/service_solution/keiri/

    提供企業:TIS株式会社

    19.MajorFlowクラウド(メジャーフロークラウド)

    機能

  • 申請から支払い業務までを一元管理できる経費精算サービス
  • Webブラウザやスマートフォンを利用した出退勤打刻サービス
  • 特徴

    経費精算と出退勤打刻の2つの機能を兼ね揃えており、「経費の申請」から「承認」までを、ワンストップで管理ができる経費精算システムです。「freee」「会計王16」をはじめとする10以上の会計ソフトと連動しています。
    故に、経費計上処理や仮払管理だけではなく、会計やオンラインバンキングなどにも対応している経費精算システムです。

    料金

    初期導入費用:0円
    月額費用
    経費精算コース:350円(税別)/1ユーザー
    出退勤打刻コース:100円(税別)/1ユーザー
    セットコース:400円(税別)/1ユーザー
    無料トライアルあり

    参考URL :http://www.majorflow.jp/

    提供企業:パナソニック ネットソリューションズ株式会社

    20.Business Navitime 交通費パッケージ(ビジネスナビタイムコウツウヒパッケージ)

    機能

  • 移動から経費精算までワンストップ
  • NAVITIMEのの経路検索がそのまま経費精算に
  • 特徴

    おなじみNAVITIMEの交通費パッケージ。NAVITIMEの強みをそのままに訪問時に調べた経路を交通費登録でき、経路検索と経費精算が両方できる経費精算システム。もちろん交通費精算だけでなく、会計システム連携や経費項目と勘定科目の紐づけが可能。

    料金

    初期導入費用:250,000円(税別)
    月額費用:10,000円(税別)(~20ライセンス)
    ※100ライセンスまでは20ライセンスごと、以降50ライセンスごとに契約単位が定まっています。
    無料トライアルあり

    参考URL : http://pr.navitime.biz/

    提供企業:株式会社ナビタイムジャパン

    21.ExchangeUSE(エクスチェンジユーズ)

    機能

  • 経費精算や勤怠管理など多数の汎用パッケージ
  • 自社に合わせ柔軟にカスタマイズ可能
  • 特徴

    経費精算だけでなく様々な申請書をブラウザですべてできるパッケージや扶養控除・住所変更などの総務人事特化のパッケージなど汎用パッケージを複数搭載し、専門知識を必要とすることなく導入することが可能なワークフローシステムです。国内のワークフロー市場では売上シェアNo.1。

    料金

    導入費用(税抜)
    フリースタイルワークフロー:70万円/100名
    旅費・経費精算ワークフロー:100万円/100名
    勤怠管理ワークフロー:100万円/100名
    無料トライアルなし

    参考URL : http://www.exchangeuse.com/

    提供企業:富士電機株式会社

    22.Traveler’s WAN(トラベラーズワン)

    機能

  • 出張申請から飛行機のチケット手配まで可能
  • 日本企業の特色に合わせたパッケージ
  • 特徴

    出張手配から旅費・経費精算までを1つのシステムで管理できる 総合型であり、モバイル、経路検索、地図情報など様々なシステムと連携しているので、チケット手配から精算・支払までをトータルでカバーできる経費精算システムになります。
    クラウドシステムである「トラベラーズワンSaaS型」も運営。

    料金

    導入費用
    オンプレミス(パッケージ):2,700円~/1人(税抜)
    クラウド:月額400円~/1人(税抜)
    ※最低ライセンス数は100
    トライアルあり

    参考URL :http://www.hitachi-hitec-solutions.com/travelerswan/

    提供企業:株式会社日立システムズ

    23.MJSLINK NX-I ワークフロー

    機能

  • 多彩なシステム構成、豊富なオプション群
  • 業種別ソリューションも用意し、特有の会計処理を必要とする医療業等にも対応
  • 特徴

    経費精算システムは補助的な存在ですが、財務会計に35年以上の実績を誇るMJSが誇るパッケージ業務システムです。
    企業のバックオフィスである財務・経理・人事・総務をトータルで、サポート。それらを自社内にサーバー設置することなく利用可能です。

    参考URL :http://www.mjs.co.jp/company/software/mjslink_nx1/concept.html

    提供企業:株式会社ミロク情報サービス

    24.ECOAS経費・旅費精算(エコーズケイヒ・リョヒセイサン)

    機能

  • 現場が抱える課題や要望に対し、的確に応える強力なワークフロー
  • 日本語だけでなく英・中国語によるグローバル対応
  • 特徴

    マルチテナント機能・スマートフォン対応に優れた、経費精算システムになります。単なる経費精算ができるだけではなく、グラフ作成、BI機能による分析機能を搭載されています。また新たに通勤経路申請機能を搭載し、駅すぱあとを利用した経路検索申請や承認が可能となりました。

    料金

    オンプレミス:¥1,500,000円(税抜)
    クラウド:利用環境により変動

    参考URL :http://www.alsi.co.jp/industry/ecoas/expense/

    提供企業:アルプス システム インテグレーション株式会社

    25.Team Spirit(チームスピリット)

    機能

  • 勤怠管理、就業管理、電子稟議などを統合し、フルサポート
  • PC、スマートフォン、タブレットなどのマルチデバイスで利用可能
  • 特徴

    勤怠管理、就業管理、経費精査、工数管理、電子稟議など本来独立した基幹システムをクラウド上で一体化したサービスです。
    これにより一貫した内部統制が可能になり働く人の”めんどくさい”を最小に、そして”管理”も最小にを実現しています。経費関連だけでなく勤怠管理機能も付随しているので、「勤怠管理」と「交通費精算」の管理が同時に行えます。

    料金

    TeamSpirit
    初期導入費用:150,000円(税抜)
    月額費用:30,000円~/1社(税抜)
    無料トライアルあり
    TeamSpirit Leaders
    初期導入費用:50,000円(税抜)
    月額費用:6,000円~/1ユーザー(税抜)
    無料トライアルあり

    参考URL :https://www.teamspirit.co.jp/

    提供企業:株式会社チームスピリット

    26.ハイ!経費

    機能

  • プロジェクト(商材、案件など)単位での経費精算が可能
  • 1アカウントから使用可能
  • 特徴

    なんといっても1アカウント300円という業界最安値が魅力の経費精算システム。低コストにもかかわらず経費交通費精算からFBデータ作成、仕訳データ出力など標準機能は十分に搭載。 1アカウントから利用可能で初期導入費用も1アカウントからの計算になっています。

    料金

    初期導入費用:1,000円/人(税抜)
    月額費用:300円~/人(税抜)

    参考URL :http://www.hi-keihi.com/

    提供企業:株式会社オフィス24グループ

    27.HeadPro経費精算(ヘッドプロケイヒセイサン)

    機能

  • 無制限のユーザーライセンス
  • 複数部門をまたがった承認が可能
  • 特徴

    ユーザーライセンスが無制限で使えるパッケージ型の経費精算システムです。独自の開発フレームワークで構築しているので、ユーザーにとって必要なシステムに、通常のパッケージよりも、容易にカスタマイズができます。

    料金

    経費精算システム(本体):5万円
    データ移行:5万円~
    カスタマイズ:10万円~

    参考URL :http://www.head.co.jp/solution/amount/index.html

    提供企業:株式会社ザ・ヘッド

    28.iS-Trip(アイエストリップ)

    機能

  • 出張旅費や諸経費等の様々な申請・精算処理を一つのシステムで実現
  • 自分が申請した案件の状況をタイムリーに確認
  • 特徴

    出張旅費・諸経費などのすべての申請・精算処理を一つのシステムで実現する経費精算システムです。
    パソコンなどのITに疎い人にも使いやすく、ミスやエラーの場合にはメッセージで教えてくれるなど操作性に優れていることが最大の特徴です。また追加オプションを利用することで海外旅費・代理業務・他システム連携(SAP)等にも、柔軟に対応可能です。

    参考URL :https://www.iscube.co.jp/contents/solution/is-trip/is_trip.html

    提供企業:株式会社IHIエスキューブ

    29.Concur Expense

    機能

  • 出張中の経費支出を現地で自動取込
  • ジョルダンが提供する乗換案内
  • 規定違反のエラー表示可能
  • 特徴

    『Concur』は、実は海外のサービスで、多くの国、企業に導入実績を持ちます。そのグローバル性をいかし、グローバルに活躍する日本企業の間接費管理高度化とグローバルガバナンス強化を支援しています。

    料金(Standard Edition)

    提出する経費申請レポート数に応じた従量課金制
    無料トライアルなし

    参考URL : https://www.concur.co.jp/easy-expense

    提供企業:株式会社コンカー

    30.クラウドERP ツバイソ

    機能

  • 決算会計管理、財務管理から法定調書管理まで業務プロセスを幅広くカバー
  • プロジェクト別業績管理、複数の利益計画との予実分析などでマネジメント力を強化
  • 特徴

    グループウェア・法定調書管理・給与計算管理・人事、労務管理・固定資産管理・旅費経費精算管理・販売、購買、財務管理・決算会計管理におけるまで、トータルで管理ができるクラウドサービスです。すべてにおいての業務を自動化することによって、タレントの自己学習やクリエイティの時間を創出します。必要な能力、機能に応じて柔軟にカスタマイズ可能であり、最適な機能のみを選択できます。

    料金

    料金形態:法人ライセンス料金+ユーザーライセンス料金で計算。
    支払方法:月前払いor年一括前払い

    参考URL :https://tsubaiso.jp/

    提供企業:ツバイソ株式会社

    31.経費精算ワークフロー

    機能

  • 勘定科目を自動的決定、そのままノンカスタマイズでシームレスなデータ連携
  • 承認されたデータから仮払台帳を自動作成
  • 特徴

    煩雑な仕訳や日当計算を完全自動化。経費計上処理したデータから勘定奉行に準拠した仕訳データ出力ができ、チェックリストや集計表などの帳票印刷も可能。
    面倒な仕訳や複雑な日当計算を完全に自動化した経費精算システムです。処理したデータから、勘定奉行にワンストップで移行できます。チェックリストや集計表をなどの印刷もできる重宝できる経費精算システムです。

    参考URL :http://www.obc.co.jp/click/solutions/c6/

    提供企業:株式会社オービックビジネスコンサルタント

    32.WAVE225

    機能

  • 業務フローを変えることなくシステム化
  • 交通費精算の他、稟議のスムーズ化なども可能
  • 特徴

    現在の業務フローをそのままシステム化・運用できる経費精算システムです。
    旅費・経費精算の業務効率を向上させることが可能で、ジョルダンや駅すぱあとにも連携しています。ファームバンキング連携機能を搭載しているので、ソフトウェアのカスタマイズも容易にできます。

    参考URL :https://www.nttd-wave.com/solution/wave225/

    提供企業:株式会社NTTデータ イントラマート

    33.経費精算幕僚Ⅲ

    機能

  • 場所を選ばず経費精算
  • 自動的に仕訳データが作成されるから知識不要
  • 特徴

    業務システムパッケージ幕僚シリーズの経費精算版。
    webシステムなので場所を選ばず、紙を使わず経費精算が可能です。コンピュータに不慣れでも会計知識がなくても申請作業から、仕訳データ入力までをすべてこのサービスですませられます。申請・承認のルートの自動選択機能があり、カスタマイズも可能です。

    参考URL :http://www.megacosmo.co.jp/basic/keihi.html

    提供企業:メガコスモ株式会社

    34.Bofi:(ボファイ)

    機能

  • 柔軟かつ自在なワークフロー設定
  • SuperStreamとの連携機能を標準装備
  • 特徴

    従業員の交通費・出張費・立替経費を簡単管理できる経費精算システムです。
    概要を選択することによって、特定の数値が自動的に設定されるので、経理周りを得意としない方にも使用できます。また経路検索ソフトとも連携が可能なので、交通費計算が簡単に処理できます。SuperStreamを使用している場合、伝票データの連携に加え、マスタの連携も可能です。

    参考URL :http://www.solty.co.jp/bofi/03.html

    提供企業:株式会社 ソリューション・アンド・テクノロジー

    35.Merrybiz

    機能

  • 領収書を郵送するだけ
  • 一週間以内にデータが完成
  • 特徴

    領収書やレシートを専用のファイルに入れ、ポストに投函するだけで1週間以内にすべてがデータ化するという経理入力アウトソーシングサービスです。領収書やレシートは当然サービス利用者に戻ってきます。
    Excelや弥生会計のフォーマットにも対応しています。

    料金

    トライアル:2,980円/1回のみ
    スタンダード:9,980円/月
    カスタマイズ:2万円~
    無料トライアルなし

    参考URL : http://merrybiz.jp/

    提供企業:メリービズ株式会社

    36.ProActive E²(プロアクティブ)

    機能

  • 「財務だけ」などシステム単位での導入が可能
  • 使いやすさを重視し、視認性を向上させる画面設計
  • 特徴

    サービスからローンチして20年以上。5000社を超える企業に導入されている老舗ソフトウェア。
    経費精算システムだけではなく、幅広いバックオフィス周りをサポートしてくれます。「財務会計だけ」や「固定資産だけ」など必要なパッケージのみを導入することが可能です。

    参考URL :http://proactive.jp/feature/

    提供企業:SCSK株式会社

    37.らくらく定期.net

    機能

  • 駅すぱあと連携で経路を複数表示
  • 経路変更・解約時の正確な払戻金額を自動計算
  • 特徴

    通勤管理費分野で一流の精算管理ソリューション。経路変更や定期の期間のずれにも対応し電車の経路だけでなく、地図連携によってマイカー利用時の距離計算も可能。

    料金

    月額料金:利用の製品、利用形態、人数により変更。
    無料トライアルあり

    参考URL : http://rk2.mugen-corp.jp/teiki/

    提供企業:株式会社無限

    38.楽楽精算

    機能

  • ジョルダン社の「乗換案内」を内蔵で自動的に交通費を算出
  • 規定違反チェック機能で適切な経費管理
  • クレジットカードの利用明細を楽楽精算へ自動で取込み可能
  • 特徴

    交通費・出張費・旅費・交際費など、お金にかかわる全ての処理を一元管理できるクラウド型の交通費・経費精算システムです。
    年に数回のプロダクトのバージョンアップを重ね、使いやすさを常に追い求めています。

    料金

    初期導入費用:100,000円
    月額費用:30,000円~(利用ユーザー数に応じて変動)
    無料トライアルあり

    参考URL : http://www.rakurakuseisan.jp/

    提供企業:株式会社ラクス

    39.DirectInputSystem(ダイレクトインプットシステム)

    機能

  • 経費の入力や勤怠管理をWebで
  • 事務用品・備品などの依頼もweb上で可能
  • 特徴

    全社員が旅費・交通費の精算、仮払申請・精算をWeb上で経費精算を行えるだけではなく、事務用品・備品などの買ってほしい物の依頼をWebで行えます。
    また業務時間の管理といった、プロジェクト管理機能も搭載しているので会社において、あらゆる面で使用することできるシステムです。

    参考URL :http://www.fxis.co.jp/solution/business/erp/solutions/di.html

    提供企業:富士ゼロックス株式会社

    40.ジョブカン経費精算

    機能

  • クラウドなので、どこでも経費精算可能
  • 多機能・手厚いサポートなのに安い
  • 特徴

    No.1勤怠管理「ジョブカン」の経費精算版。
    仕訳データ自動作成やスマホ対応、入力ミスの通知に乗換案内など経費精算業務に関する機能を多数そろえています。ジョブカン1つで経費精算とワークフローをクラウド化できるので、あまりお金をかけたくない企業におすすめ。

    料金

    初期導入費用:0円
    月額費用
    経費精算プラン:400円/人
    経費精算+ワークフロープラン:600円/人
    無料トライアルあり

    参考URL :http://ex.jobcan.ne.jp/

    提供企業:株式会社Donuts

    41.MFクラウド経費精算

    機能

  • スマートフォンで申請も承認も完結
  • 通帳やカードのデータそのまま仕訳に
  • 特徴

    ローラのCMでおなじみのMFクラウド経費精算。通帳やカードのデータそのまま仕訳にできその対応カード数も125種(コーポレートカード含み)、対応電子マネーは15種になる経費精算システムです。
    登録した仕訳は自動学習するので、使えば使うほど手間が削減されるのもポイント。

    料金

    初期導入費用:0円
    個人向けベーシックプラン:800円/月
    法人向けベーシックプラン:2,980円/月
    無料トライアルあり

    参考URL : https://biz.moneyforward.com/expense

    提供企業:株式会社マネーフォワード

    42.Clear Works会計ワークス

    機能

  • 日常から月次・決算まですべての経理業務をトータルサポート
  • 建設業・製造業・農業など多業種に対応
  • 特徴

    日々の入力から月次の集計、決算書の作成、経営分析まで、会計業務をトータルにサポート可能なクラウド型経費精算システムです。
    入力者のスキルレベルに合わせて3タイプの入力画面が選べ、「かんたん日報」機能によって記帳のサポートも可能になっています。47機能を搭載しており、多業種に対応しているため広く使うことができます。

    料金

    初期導入費用:10,000円
    月額費用:3,000円

    参考URL :https://www.clear-works.jp/kaikei

    提供企業:株式会社スマイルワークス

    43.desknet’s NEO(デスクネッツネオ)

    機能

  • 使いやすさにこだわった25のアプリケーション
  • 直感的なインターフェース
  • 特徴

    メインの機能は、「グループウェア」であり経費精算システムではないですが、スケジュールカレンダーや備品管理などビジネスに必須な25のアプリケーションが標準装備されています。
    見やすさも徹底追求され、工夫が凝らされた見やすい画面構成。様々な情報が一目で分かるポータル画面です。直感的に使える操作性を重視、誰でもスムーズに利用できます。

    料金(クラウド版 標準プラン)

    初期導入費用:0円
    月額費用:400円/1ユーザー(最低5ユーザー)
    無料トライアルあり

    参考URL :https://www.desknets.com/

    提供企業:株式会社ネオジャパン

    44.出張宿泊予約・管理サービス じゃらんコーポレートサービス

    機能

  • 出張を可視化し一元管理
  • 法人一括決済サービスで精算処理の手間を削減
  • 特徴

    こちらは経費精算システムとは少し異なりますが、じゃらんが運営する出張宿泊専用の法人向けサービスになります。
    管理画面で出張先を一元管理により、出張の際の工数の削減が可能になります。また、法人専用価格で出張宿泊が可能になり宿泊費の削減にもなります。安否確認サービスも搭載しており、有事の際の安否確認も可能です。

    料金

    初期導入費用:0円
    運用費用:0円
    ※リクルートIDが必要となります。

    参考URL :http://www.jalan.net/jalan/doc/jcs/index.html

    提供企業:株式会社リクルートライフスタイル

    まとめ

    いかかでしたでしょうか。様々な経費精算システムがありましたが、中小企業に適したシステム、大企業に適したシステム、すぐ導入できるシステム、内部構造をがらりと変えるシステム。様々ありました。

    システムを「知名度」や「機能」だけで選ぶのではなく、あなたの所属する企業の「企業の文化」「従業員規模」「コスト」などを吟味したうえで最適な経費精算システムを導入しましょう。

    ※ご紹介した機能や料金体系は一部となっております。詳細は各HPからご参照ください。




    Dr.経費精算の導入を相談する

    Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




    Pocket

    経費精算テンプレート | Dr.経費精算