【機能追加】兼務機能:概要と変更点

Pocket

Dr.経費精算で兼務機能がリリースされます!

1人の従業員が複数の部署・役職を兼務でき、それぞれの兼務先で承認権限も合わせて設定することができます

経費入力時に自身が所属する部署を選択(初期表示は主所属先)し、申請時には同じ所属部署の単位で経費が自動でまとめられ、適切な承認者へと申請書が回ります

 

承認フローの条件に対しても所属部署が指定できるようになり、ある部署から経費が申請された場合は特殊な承認フローを適用させるといった制御も可能となります

 

また、事前申請においても、所属部署を選択することで、適切な承認者へと申請書が回るようになります

※所属部署役職の指定をしている場合

※従業員毎に割り当てる承認フローの数は変わらず、事前申請に関しては一つのみです

 

兼務機能のリリースによって、所属する各部署で発生した経費が申請時に各部署の承認者へと回るようになり、より効率的なフロー設計も可能となります

兼務リリースと合わせて使用可能になる機能概要

・承認者として部署役職での指定が可能となります

→「人事部」の「部長」といった指定ができます

・部署を指定する形での検索条件において、指定した部署だけの検索や配下の部署を含めた検索の選択が可能となります

→営業第一課という指定と、営業本部配下全ての部署という指定ができます

兼務リリースによる、UI変更の紹介

【Web版】

<全てのユーザー>

経費入力に所属部署が追加されます

所属部署を指定した形で経費インポートが可能になります

経費一覧で所属部署の検索、下位部署を含めた検索ができるようになります

事前申請の入力に所属部署が追加されます

申請詳細の内容に所属部署が表示されるようになります

<承認者>

承認一覧の検索条件(所属部署)のUI変更と下位部署を含めた検索ができるようになります

<集計者>

経費集計の検索条件(申請者部署)のUI変更と下位部署を含めた検索ができるようになります

<管理者:従業員管理>

従業員一覧のUIが変わり、検索条件も追加されます

従業員一覧で兼務情報の登録が出来るようになります

<管理者:申請フロー設定>

申請フロー設定の条件と承認者の指定方法が増えます

<管理者:会計データ>

会計データ出力形式の集計設定・摘要欄フォーマットに所属部署が追加されます

<管理者:インポート>

部署毎に設定する役職者をインポートにて対応が可能になります

兼務している従業員情報をインポートにて登録することができるようになります

インポートによる申請フローの設定方法が変わります

<管理者:部署管理>

部署一覧で役職者の登録が出来るようになります

 

【iOS】

経費入力に所属部署が追加されます

事前申請の入力に所属部署が追加されます

 

【Android】

経費入力に所属部署が追加されます

事前申請の入力に所属部署が追加されます

 

兼務リリース後の経費作成〜承認までの俯瞰図(PDFはこちら

最後に

Dr.経費精算はお客様の声にお答えするため、また機能の向上のために日々アップデートを行っています。
今後も機能アップデート新機能の搭載不具合の改善などの情報はこちらのお知らせページにてお伝えいたします。

何かご不明な点や導入のご相談がございましたら、右下のアイコンからお気軽にご相談ください。

フィードバックもお待ちしています!

 




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算