【機能追加】兼務機能:申請フロー設定

Pocket

申請フロー設定の条件と承認者の指定方法が増えます

申請フロー設定の条件に所属部署が増え、承認者に部署役職の指定が可能となります

対象者

管理者

対象機能

・申請フロー設定

変更点

  1. 申請フロー設定の条件に「所属部署」が追加されます
  2. 承認者の設定タブの名称が変わり、「部署役職」が追加されます

※無条件で所属部署毎に申請は分かれます

例:経費A(営業部)、経費B(マーケティング部)、経費C(営業部)、経費D(マーケティング部)を対象に経費精算を行った場合、経費A・経費Cと経費B・経費Dはそれぞれ同じ申請書として括られます。

 

【1. 変更前:フロー設定条件】

【1. 変更後:フロー設定条件】

不等号は「=」のみです。

例えば、役員室を所属部署として、経費が起票された場合は特殊な承認フローとして設定したい等の場合に条件として指定することができます。

【2. 変更前:設定タブ名称の変更】

【2. 変更後:設定タブ名称の変更】

以下の通り、名称が変わります

部署→承認部署

役職→所属部署役職:経費に登録された所属部署の役職者を指定する場合に使用します

部署役職:ある部署の役職者を承認者として設定したい場合に使用します

→例えば、採用に関する経費は、人事部部長の承認が必要な場合に使用します

<部署役職の承認者設定UI:部署選択>

部署を選択すると、部署一覧にて部署毎に設定した役職者が表示されます

※部署一覧で指定をしていない場合には、全ての役職が表示される

<部署役職の承認者設定UI:役職選択>

役職を指定すると、部署名の末尾に括弧で指定した役職がカンマ区切りで表示される

<部署役職の承認者設定UI:承認ステップ内での表示>

※該当の部署役職に承認権限を持った従業員が登録されていない場合には、エラーとなります

最後に

Dr.経費精算はお客様の声にお答えするため、また機能の向上のために日々アップデートを行っています。
今後も機能アップデート新機能の搭載不具合の改善などの情報はこちらのお知らせページにてお伝えいたします。

何かご不明な点や導入のご相談がございましたら、右下のアイコンからお気軽にご相談ください。

フィードバックもお待ちしています!




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算