【機能追加】申請フロー作成時、条件項目の複数選択がより簡単になります!

【機能追加】申請フロー作成時、条件項目の複数選択がより簡単になります!
申請フロー作成時、条件項目の複数選択が可能になります。
この変更により、以前よりも効率よく申請フローが作成可能になります。
※この機能追加により、既存の申請フローを変更等する必要はありません。

対象者

管理者

対象機能

申請フロー設定

追加機能について

「事業所設定>申請フロー設定」上の変更点
複数選択の方法
演算子(下図だと”=”)に「含む」が追加され、項目の複数選択を行うことができるようになりました。
従来では指定したい項目ごとに条件を追加する必要がありましたが、
このアップデートにより条件を一本化することが可能です。
※複数選択可能な条件は経費科目・プロジェクト・所属部署・親部署で、金額条件は複数選択を行うことができません。
具体的な操作方法は下記の通りです。
①演算子(下図だと”=”)を押下し、「含む」を選択して下さい。
②「含む」の状態で項目を選択すると、複数指定用のポップアップに切り替わります。

csvインポート上の変更点

csvより条件を複数選択した申請フローをインポートする際は、項目を”^”(ハット、キャレット:半角)で繋ぎ入力します。

例)上記経費科目の条件をインポートしたい場合「経費科目 = 旅費交通費^電車代^バス代^タクシー代」と入力してください(他の項目の記載事項は従来と同様です)。

最後に

Dr.経費精算はお客様の声にお答えするため、また機能の向上のために日々アップデートを行っています。
今後も機能アップデート新機能の搭載不具合の改善などの情報はこちらのお知らせページにてお伝えいたします。

何かご不明な点や導入のご相談がございましたら、右下のアイコンからお気軽にご相談ください。

フィードバックもお待ちしています!

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」