事前申請が経費科目を条件として、フローが適用されるようになります!(2/13 リリース予定)

今まで事前申請は1人の従業員につき、1つの事前申請のみの割当でしたが、当リリースにより複数のフローを割り当てられます。

また、条件についても、今後は事前申請の適用条件に経費科目を設定することが可能となります。

※現在の設定で、事前申請フローの条件に経費科目が設定されている場合、リリース後にエラーとなる可能性がございます。

該当画面

  • ・事業所設定>申請フロー設定

 

  • ・事業所設定>申請フロー設定>従業員毎申請フロー

上記の申請フロー一覧で設定した複数のフローを従業員に割り当てる事が可能です。

対象者

管理者

主な注意点

・承認フローが適用される際の判断対象となるのは、事前申請項目(起票時に作成する項目)です

・条件として認識されるためには、経費科目のみの指定となっている必要があります
(or か「含む」で複数の指定は可能)

・その他の金額やプロジェクトが条件に含まれていた場合には、その条件は適用されません
(該当条件がない場合にはエラーとなります)

・「全て」の条件のフローを優先度が低い状態で割り当てておくとエラーが発生しません
(条件に該当しない経費が申請された場合の対応)

  • ・旅費交通費を申請 :事前申請2が適用される
  • ・会議費を申請   :事前申請3が適用される
  • ・雑費を申請    :事前申請5が適用される
  • ・交際費を申請   :事前申請6が適用される
  • ・金額1,000円・消耗品費を申請:事前申請6が適用される
  • ・旅費交通費と会議費を申請  :事前申請3が適用される
  • ・消耗品費と雑費を申請:事前申請5が適用される
  • ・会議費と雑費を申請 :事前申請6が適用される

最後に

Dr.経費精算はお客様の声お答えするため、また機能の向上を目的に日々アップデートを行っています。
今後機能アップデート新機能の搭載不具合の改善などの情報はこちらのお知らせページにてお伝えいたします。

何かご不明な点や導入のご相談がございましたら、右下のアイコンをクリックしお気軽にご相談ください。フィードバックもお待ちしています!

経費精算にかかる時間が1/10へ!クラウド型経費精算システム「Dr.経費精算」

Dr.経費精算はレシートを撮影するだけで金額・日付・支払先が自動入力。電子帳簿保存法へ完全対応