他社システムもみたがDr.経費精算はダントツだった(ピュアリアルエステート株式会社)

他社システムも検討した中で、Dr.経費精算のデモを拝見して、ダントツで良かったので導入を決めました!

経理の目線からみても管理画面が非常に見やすく、大幅に業務が楽になりました。現場の営業社員からも「本当に経費精算が楽になった」と好評です。

導入企業:ピュアリアルエステート株式会社
業種:収益用不動産の売買・仲介、不動産コンサルティング
企業規模:40名

従業員の申請書記載漏れが多く、勘定科目入力が非常に面倒だった

従来は従業員には利用した経費をExcelシートに入力してもらい、経理から月に一度精算していました。特に、お土産代や飲食代の立替経費については利用目的、参加人数、クライアントとの関係、購買情報の記載を義務づけていました。

しかし、従業員が記載を忘れてしまうことが多く、都度担当者へ確認する作業や、申請した交通費が正しいか確認する作業が非常に面倒でした。スタッフの人数も増えてきていて、業務を効率化するために経費精算システムの導入を検討しました。

また、従業員が勘定科目を記入していなかった場合、経理担当者が代わりにすべて入力する作業も非常に大変でした。

導入前後課題

Dr.経費精算の導入で経理部門が楽になった点

Dr.経費精算上で経費の利用目的や参加者を入力する項目があるため、従業員の入力漏れがなくなりました。また、これらの項目を入力しないと申請できなくするということもできるため、経理担当の確認作業も大きく減りました。

それに加えて、Dr.経費精算の導入で会計ソフトの連携が非常に楽になりました。今まで、紙で印刷し、それを一つのExcelシートにまとめ、弥生会計に手入力するという作業に多くの時間を割いていました。従業員の人数も多くなり改善しなければと考えていました。

今ではDr.経費精算からCSVファイルをダウンロードし、弥生会計へインポートするだけなので非常に楽です。従来の方法では従業員数が増えていたこともあり、経理担当への負担が大きかったです。

経理側としては、必要事項の記載漏れがあった場合でもパソコン上で差戻しができることや、交通費も一つ一つ交通費の検索サイトで金額確認をしなくてもよくなったので、本当に楽になりました。

担当者インタビュー風景

立替経費や交通費精算の手入力が非常に面倒だった

従業員には、利用した経費をExcelに入力してもらい、月に一度経費精算しておりました。弊社では特にお客様へのお土産代や飲食代の立替経費、1日に電車で移動する件数がとても多く、経費精算を手でシートへ入力することが面倒でした。

都内の移動が多く、すべてYahoo路線検索で経路を検索して、金額を調べていたため非常に面倒でした。

営業側は「経費精算の入力が本当に楽になった」と好評

営業側からは「経費精算が楽になった」という声を多く聞きます。外出先から電車の中で経費精算ができるということで好評です。弊社の社員は平均年齢34歳くらいなので、特に操作方法を教えなくても、さくさくと直感的に使うことができています。

レシートの自動入力機能も入力間違いがなく、データ化スピードも非常に速いです。新幹線や出張で1ヶ月に受領する領収書・レシートが数十枚におよぶこともあるので、レシート入力機能は非常に助かっています。

ICカードリーダーも非常に便利です。ICカードリーダーをオフィスの入り口においており、営業の方が帰ってきたときにSuicaをタッチしています。このおかげで交通費精算は非常に便利になりました。営業担当と私(経理担当が)yahooで経路検索する手間がなくなりました。

Suicaには履歴20件しか残らないというデメリットがあるのですが、周知徹底アナウンスして、わすれたら自己責任ということにしています。ほとんどの人は入り口においてあるので、習慣付けに成功しました、問題なく現在でも運用されています。

担当者インタビュー風景2

他社と比べて、導入の決め手はレシート撮影機能とSuica読み取り機能

パシャッとレシートを撮影するだけで内容が自動入力される機能とピッ!とSuicaをリーダーにかざすだけで履歴が自動読み取りされる機能の2つが導入の決め手でした。これらの機能をデモで拝見して、こんなこともできるんだと非常に感動して、導入を決めました!

楽楽精算やサイボウズのKINTONEなど他の会社のお話も聞きましたが、申し訳ないが、これぐらいしかできないんだという印象を受けました。Dr.経費精算のデモをみて、レシート撮影機能などを拝見したとき、本当にすばらしいサービスと感じました。

また、経理の目線から見ても他社と比べて管理画面が非常に見やすかったことも大きな決め手でした。実際に導入してみて、すばらしいシステムということを実感しています。導入までのスピードも早く、導入から早速効果が出始めています。

担当者インタビュー風景3

2、3日かかっていた作業が数時間へ!経理担当者の残業時間も削減

営業担当が経費精算に費やしていた時間が大幅に減り、私(経理担当者)自身の残業時間も大幅に削減できましたので、導入した効果はとても高いと思います。以前は、2、3日かけて経理が月初を丸々経費精算業務へ費やしていたというような状況でした。

Dr.経費精算導入後は、隙間時間にぱぱっとできるので非常に楽になりました。その結果、2、3日かけていた作業が数時間程度で終わるようになりました。会社全体で営業も経理も業務時間をへらすことができました。本当に導入してよかったです。

Dr.経費精算は1ユーザー月額980円ですが、コストに見合った効果が出ていますか?

Dr.経費精算を利用していて、非常にコストパフォーマンスは高いと思います。他にも勤怠管理システムなど多数のシステムを導入していますが、実はなかなか使いこなせないというシステムもあります。しかし、Dr.経費精算についてはすべての機能を最大限に利用させていただき、980円という値段以上に現場の効率化が実現できています

高額立替経費の承認フローを自動で分岐できることが便利

以前はタクシー代を経費精算する場合は承認フローが通常のものと異なっていたため、メール等のやり取りが煩雑でした。Dr.経費精算では金額や勘定科目、プロジェクトごとに承認フローを自動で分岐させることができます。そのため、非常に便利になりました。

他にも、5000円以上の場合、承認フローが自動分岐させるなどのワークフローも作成しています。これらにより、経理部門の修正の時間が大きく減り、申請書の間違いも少なくなりました。

導入後のサポート(チャット、電話、Email)には非常に満足をしております

専任でついていただいたサポート担当者の方のおかげで導入時点から大きなトラブルもなく順調に利用できております。従業員にも使い方を一度説明してしまえば、感覚的にすぐに使えるサービスです。

つい先日もチャットで質問をして、しっかり対応いただきました。また、弊社では営業の方が担当している物件でかかった経費を物件ごとに集計していて、その設定もサポート担当者の方に行っていただき助かりました。

他にも、従業員が経費精算をする際にプロジェクトの選択を必須にするという細かい設定もしてもらいました。

アラート機能により従業員の経費入力間違いを防ぐことができています

Dr.経費精算のアラート機能も利用しております。つい先日、同日に同金額の金額を入力したスタッフがいて、アラートが通知されたため、間違いに気づきました。

以前も日付の入力間違いやプロジェクトがわからないため申請者が適当に入れて間違っているということが多数ありました。どうせ経理が直してくれるだろうという現場の思い込みにより、経理担当者の修正負担も非常に大きかったです。

Dr.経費精算の導入後はその間違いチェックも大きく減少しました。また、アラート機能によりアラートが間違いを自動でお知らせしてくれるので、人力での修正をする時間がかなり省けています。

インタビュー風景4

従業員とのチャット機能は差し戻しの際に非常に便利です

申請書の差し戻しの際も非常に便利になりました。従来は従業員のデスクまでわざわざ向かったり、メールや電話などで、修正の依頼をするということをしていました。経費申請を提出した社員が捕まりにくいこともあり、わざわざ席へ出向くことが非常に面倒でした。

今では、PC上で社員とダイレクトにやり取りができるので非常に楽になりました。

 

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード