「Dr.経費精算」の評判とは?利用者のリアルな声を紹介

「領収書を破棄してペーパーレスな経費精算業務を実現したい」
「営業マンや領収書が多く、日々の経費精算業務が大変」
「スマホやPCから見やすく、使いやすいサービスを導入したい」

そんなお悩みはありませんか?
そんな貴方には「Dr.経費精算」がぴったりのサービスです。

Dr.経費精算は他社の経費精算システムよりはるかに高い精度の99.9%で領収書を入力できます。
もちろん、交通費精算や承認フロー、ワークフロー、Suica・クレジットカード連携などの機能もご利用できます。

単なる経費精算システムではなく、領収書の破棄・突合点検まで代行するので、経理部から領収書を一掃できるサービスです。
(電子帳簿保存法への対応は必要ありません。)

参考:Dr.経費精算/公式サイト

また、こちらのフォームより「Dr.経費精算」資料を無料ダウンロードできます。

Dr.経費精算の3つの特徴とは?

1,他社よりも精度が高い領収書の自動入力

Dr.経費精算では、領収書やレシートをスマホで撮影すると、オペレーターが代行入力します。

日本全国に2000人のオペレーターがおりまして、人力で入力しているため、OCR入力やAI入力と比べて
極めて高い精度(約99.9%)が実現できます。

スマホカメラでレシートを撮影すると、オペレーターに送付され、オペレーターが画像を確認して金額や日付のような項目を入力してユーザーに返します。

そのため、手書きで執筆された領収書でも正確に読み取ることができます。

詳細な機能については下記記事もご参考下さい。

参考:Dr.経費精算/領収書入力機能について

2,他社では高額なサポートが格安で受けられる

Dr.経費精算では無料で電話・メール・チャットによるサポートを備えています。

契約期間中はこれらのサポートを無料で使うことができます。
このようにDr.経費精算の大きな特徴の1つがサポートが手厚いということがあります。

そのため、Dr.経費精算ユーザーがダイレクトにサポート部門に質問を投げかけることができます。

これにより、現場の社員から経理担当者へ向けてシステムに関する質問が集中し、経理担当者が勉強したり問い合わせるという無駄な作業が必要なくなります。

また、Dr経費精算では初期設定代行サービスを行っています
初期設定代行サービスとは、会社の要望をヒアリングしながら、承認フローや会計ソフト周りの初期設定を代行で行い、完全に使える状態でお渡しすることです。

そのため、導入企業は初期設定に手を煩わせることなく、利用が開始できます。また、従業員への説明会の実施もしているため社員教育も安心です。

3,領収書の破棄・突合・ペーパーレス化が実現できる

Dr.経費精算では、領収書の全件チェック、保管管理まで代行してくれます。

導入企業はユーザーが領収書を郵送するだけで、原本チェックや突合点検を代行してくれます。電子帳簿保存法に対応しなくても、領収書の破棄をすることができます。

実際の運用フローとしては下記の画像のようなものになります。

ペーパーレスプラン

具体的な流れとしては下記のようなものになります。
・導入企業は領収書レシートを撮影した後、領収書レシートをポストに入れて郵送します。
・Dr.経費精算がポストで回収した領収書レシートを収集して、突合点検作業をします。原本と突き合わせをして、確認作業をします。
・もし原本がない、データに不備がある、ということがあった場合、導入企業にお知らせします。

◆領収書ペーパーレス化の運用フロー

ペーパーレスプラン

4,多数の外部サービスとの連携

Dr.経費精算では会計システムやSuica、法人カード、クレジットカードとデータを連携することができます。

現在対応している会計ソフトの一例は下記です。
弥生会計ソフト、free、勘定奉行、PCA会計、会計王、発展会計、Crew、JDL IBEX会計、TCK財務会計システムなど
その他の会計ソフトでも対応することが可能です。

参考:Dr.経費精算/機能一覧

Dr.経費精算導入の2つのメリットは?

メリット1:経費の入力の手間・入力間違いがなくなる

交通費や立替経費をエクセルや自社システムで管理している場合、正確な金額や日付を毎月入力するだけでも一苦労です。

また、経費申請書に入力ミスがある際には、上長や経理担当者が修正をする必要があります。

Suicaやクレジットカード自動連携や領収書入力機能によって、正しい金額が自動的に入力されるため

入力間違い、修正の手間といった作業が発生しません。

メリット2:経理部から領収書をなくし、ペーパーレス化が実現できる

経理部からで紙の領収書をなくすことができるのは大きなメリットです。

領収書の糊付けや貼り付けに多くの時間がとられることもありません。

また、電子帳簿保存法に対応する必要もないため、余計な申請の手続きに煩わされることもありません。

参考:Dr.経費精算/公式サイト 

【無料ダウンロード】「Dr.経費精算」資料ダウンロード

Dr.経費精算がおすすめの企業とは?

Dr.経費精算がおすすめの企業は3種類あります。詳細に解説いたします。

1,現場の経費精算の効率化を重視

「営業マンが多く、経費の入力に時間がかかっている」
「現場から経費精算業務が面倒という声があがっている」

こんな企業には、Dr.経費精算はぴったりのサービスです。

領収書入力機能やクレジットカード連携、Suica連携機能により、申請者は経費を手入力せずとも、自動的に経費が入力されます。
外出先からスマホで空き時間に経費申請や承認ができるので、月末にまとまって経費精算の時間をとる必要もありません。

また、スマホから使いやすいUI・UXに強みがあります。
社内システムというのは多くの場合、ユーザーの利便性が第一に考えられておらず、見にくく、使いにくいというケースも多いのではないでしょうか?

運営会社の株式会社BearTailはto C向けの家計簿アプリ「Dr.Wallet」も運営しています。
そのため、見やすく、使いやすいユーザーインターフェースに定評があります。

2,領収書の枚数が多い、ペーパーレス化・キャッシュレス化を実現したい

先にご説明した通り、Dr.経費精算では領収書のデータ突合点検、保管をすべて代行してくれます。

そのため、電子帳簿保存法に対応せずとも、領収書のない経費精算業務を実現することができるのです。

電子帳簿保存法には申請の手間や運用ルールを大幅に変更しなければいけないことから、導入に踏み切る企業はお送りません。

Dr.経費精算では領収書をポストにいれて郵送するだけでよいので、簡単にはじめることができます。

この機会に経理部から領収書を一掃しましょう

3,スマホで外出先から経費精算をしたい

Dr.経費精算はiPhoneおよびAndroidにおいてアプリがあるため、外出先からでもサクッと使うことができます。

経費精算システムの中にはスマートフォンアプリがないケースもありますので、ご注意ください。

ほとんどのビジネスマンが1台はスマホをもっている時代ですから、スマホから外出先に便利に使えることは非常に重要です

◆Dr.経費精算iPhoneアプリの交通費入力の画面

Dr.経費精算交通費入力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆実際のPC・スマホサービス画面については下記ページよりご覧ください

参考:Dr.経費精算/デモ画面

導入企業が語るDr.経費精算の評判・口コミは?

1 振込・伝票作成までの業務が従来の1/3の時間へ短縮(株式会社ベジテック)

株式会社ベジテックではエクセルによる経費精算業務に課題を抱えていました。小口現金による精算の手間や従業員への精算までに時間が長くかかっていました。

<導入前の課題>

・小口現金による現金精算に手間がかかっていた
・経費精算の頻度が特に多い社員に手間・時間が集中

このような課題がDr.経費精算の導入により、解決されました。
具体的には下記のような効果がありました。

<導入後の効果>

・振込・伝票作成までが従来の1/3程度へ削減
・一部の拠点で小口現金を廃止することに成功
・経費精算の振込までの時間が短縮され、現場の満足度も向上

こちらの事例の全文は下記ページからご覧ください。

参考:振込・伝票作成まで従来の1/3の時間で経費精算業務を終えることが出来るようになりました(株式会社ベジテック)

 

2 他社システムもみたがDr.経費精算はダントツだった(ピュアリアルエステート株式会社)

オフィス前風景

不動産の売買・仲介などを行う株式会社ピュアリアルエステートでは、下記のような経費精算の課題がありました。

<導入前の課題>

・経費精算の確認作業や修正作業に多くの時間がかかっている
・会計システムへの入力を手作業で行っていた。

このような課題がDr.経費精算の導入により、解決されました。
具体的には下記のような効果がありました。

<導入後の効果>

・従業員の入力ミスがヘリ、修正作業の時間が大幅に短縮された
・会計システムへの連携が自動でできるようになった。
・2.3日かかっていた経費精算業務が数時間へ
・経費精算システムの中でもデモを聞いた中で「Dr.経費精算」が圧倒的に良かった。

こちらの事例の全文は下記ページからご覧ください。

参考:他社システムもみたがDr.経費精算はダントツだった(ピュアリアルエステート株式会社)

3 他社と比べて、シンプルで直感的に使えることが導入の決め手(株式会社ノヴィータ)

ノヴィータ導入事例

WEB制作事業などを行う株式会社ノヴィータでは、下記のような経費精算の課題がありました。

<導入前の課題>

・交通費精算の入力の手間、定期区間を控除するのが大変
・エクセルベースの経費精算が不満

このような課題がDr.経費精算の導入により、解決されました。
具体的には下記のような効果がありました。

<導入後の効果>

・タブレットにSuicaをタッチするだけで経費精算ができるように
・経費精算業務にかかる時間が従来の1/3に
・申請・承認の通知がわかりやすく、バックオフィスからのアナウンス工数が削減できた。

こちらの事例の全文は下記ページからご覧ください。

参考:他社と比べて、シンプルで直感的に使えることが導入の決め手(株式会社ノヴィータ)

4 Excelで行っていた経費精算業務にかかる時間が1/3へ(ビズメイツ株式会社)

オフィス前写真

英会話スクール事業を展開するビズメイツ株式会社では、下記のような経費精算の課題がありました。

<導入前の課題>

・経費の提出が遅れがち
・会計システムへの入力を手作業で行っていた。
・エクセルベースの運用に課題

このような課題がDr.経費精算の導入により、解決されました。
具体的には下記のような効果がありました。

<導入後の効果>

・経費精算にかかる時間が従来の1/3へ
・交通費精算の入力業務が大幅に楽になった

こちらの事例の全文は下記ページからご覧ください。

参考:Excelによる経費精算業務では、経路の検索や経費の入力作業が面倒でした(ビズメイツ株式会社)

 

Dr.経費精算は他サービスとの3つの違い

では、Dr.経費精算は他サービスと比べて何が違うのでしょうか?大きな違いは下記の3点です。

①OCR入力では実現できない99.9%の領収書入力精度
②領収書の破棄ができる。突合点検・保管まで代行してくれる
③導入後も専任コンサルタントがつき、社内教育などを運用が軌道にのるまでサポート

代表的な他社サービスとの違いについては下記記事もご参考ください。

参考:導入企業だけが知る楽楽精算とDr.経費精算の本当の違い

参考:導入企業だけが知るMFクラウド経費とDr.経費精算の本当の違い

 

その他の経費精算システムと機能を比較していまいました。

◆Dr.経費精算VSその他経費精算システムの機能比較表機能比較表

 

参考:Dr.経費精算/公式サイト 

参考:【無料ダウンロード】「Dr.経費精算」の資料はこちら

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」