消費税法改正への対応について【自動入力】

領収書の自動入力について

改正後の領収書

今回の改正により仕入税額控除の方式が「区分記載請求書等保存方式」へと移行することで、 改正後、下記のような形式の領収書の流通が想定されております(2019/4時点)。 ※国税庁HP「消費税軽減税率の手引き」より  

改正後の自動入力

税制改正後も従来と変わらずご利用いただくことが可能です(支払先・合計金額・領収書日付を入力致します)。 また、上記画像のような領収書も自動入力対応予定です(従来通り、合計金額を入力させて頂きますので、追加で8%対象分をご入力ください)。 ※従来通り、税区分の入力は行わないことをご了承ください。 ただし、一枚の領収書に複数の税率及び科目が混在する場合、従来の自動入力上の対応と同様、手入力にてご対応頂きますことをご了承下さい。  

最後に

Dr.経費精算はお客様の声にお答えするため、また機能の向上を目的に日々アップデートを行っています。 今後機能アップデート新機能の搭載不具合の改善などの情報はこちらのお知らせページにてお伝えいたします。 何かご不明な点や導入のご相談がございましたら、右下のアイコンをクリックしお気軽にご相談ください。フィードバックもお待ちしています!
無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」