ジョブカン経費精算の評判や口コミは?特徴やメリットをまとめてみた!

ジョブカン経費精算の導入を検討していませんか?
経費精算ソフトを導入すると、今までの運用が劇的に変わります。時間のかかっていた処理がすぐに終わるようになるのでコスト削減にもつながります。

本記事では、経費精算システムの一つである「ジョブカン経費精算」の評判やメリットなどを解説します。
ジョブカン経費精算の強みの一つは低価格で利用できることです。

例えば、1名〜数十名で利用する場合、他製品より利用料金は低価格です。(備えている機能は同様です)
実際に、利用ユーザーの方の良い口コミでは、費用の面での長所が目立ちました。特に小さな企業におすすめという声がありました。

一方で、多くの従業員を抱える会社の運用においては悪い口コミが多く見られました。良くも悪くも従業員が少なめの会社の運用があっているようです。

筆者は非営利法人にて5年間、財務・労務担当の常務理事として働いていました。働いていた法人も着任当初は稟議書と伝票による処理でしたが、途中から一部に経費精算システムを導入しました。その時の経験も踏まえてジョブカン経費精算を使った運用を見ていきましょう。

ジョブカン経費精算を導入する3つのメリット

経費精算を紙媒体で運用している企業は少なくありません。紙での運用に慣れていると、経費精算ソフトを導入した際に業務がどのように変わるのかイメージが付きにくいです。

また、ジョブカン経費精算以外のソフトを導入したときにどのような違いがあるのかも比較してみました。実際に導入するとなると、新しい機器を買わなければならないのかなども不安になると思います。ジョブカン経費精算を利用するにあたって必要な機材を紹介します。

メリット① 紙媒体と比べて処理が減る

紙媒体と比べて大幅に処理が減ります。紙媒体の運用とジョブカン経費精算を導入した際の運用を比べてみましょう。

紙媒体での運用

経費精算を稟議書と伝票で行っている企業は多いのではないでしょうか。少額であれば従業員に立て替えてもらい、出金伝票を起票して小口現金から支払いを行います。小口現金から直接支払いをして、あとで出金伝票を起票することもあるでしょう。大きな金額になると、稟議書を書いてもらい、決裁した後に振り込みなどで支払って振替伝票を起票します。紙による処理だと稟議書→決裁→出金→起票→入力という、複数の処理を行わなければなりませんでした。

決裁者がいないと、なかなか物品の購入や経費の精算ができません。また、経理側としては起票(仕訳)と入力を行わなければなりません。

交通費の清算は、経理泣かせなのではないでしょうか。申請された交通経路が最安値であるかどうかを確認したり、出張予算を立てる際に最安経路を検索したりしなければなりません。沢山あると大変な作業の一つと言えるでしょう。

ジョブカン経費精算を導入した時の運用

ジョブカン経費精算を導入すると、このような作業が大幅にスリム化されます。紙による処理で発生する、申請と決裁はジョブカン経費精算の中で電子化して行うことができます。お手元のスマートフォンからも操作ができますので、申請する側も決裁する側も大幅に負担が減ります。起票と入力に関しても申請が通れば自動的に仕訳され会計ソフトのフォーマットで出力されますので、この作業が不要になります。スマホで申請→スマホで決裁→出金という簡単な流れになります。

交通費精算に関しても、「乗換案内Biz」と完全に連携していますのでボタン一つで検索した交通費が適応されます。定期券経路は控除する機能も付いているので、経理側としてはうっかりやってしまいがちな交通費の二重払いを防ぐこともできます。また、交通系ICのデータを直接読み取り利用した運賃を取り込むこともできます。

メリット② 他製品と比べて料金が安い

他のソフトとの機能的な違い

いろいろな経費精算ソフトがありますが、ジョブカン経費精算はどのようなところが特徴なのでしょうか。今回は楽楽精算と比較してみます。

各ブランドが企業努力をしているということもあり、楽々精算とジョブカン経費精算において機能的にほとんど違いはありません。

楽々精算ジョブカン経費精算
スマホからの操作
会計システム連携
申請・決裁の電子化
交通費ICからの入力

 

他のソフトとの料金的な違い

大きく変わってくるのが料金体系です。楽々精算とジョブカン経費精算では料金体系が違うので、自分の会社にあったものを選ぶとよいでしょう。

楽楽精算ジョブカン経費精算
初期費用100,000円なし
月額料金30,000円〜350円(1ユーザーあたり)

そのため、従業員全員が経費精算システムを使うとすると、従業員85人までは使う期間にかかわらずジョブカン経費精算のほうがお得です。仮に、5年間経費精算システムを導入すると、従業員142人までの会社はジョブカン経費精算のほうがお得です。従業員371人以上の会社であれば、一年で経費精算システムの利用をやめたとしても楽々精算のほうがお得です。

メリット③ パソコンやスマホがあれば運用可能

クラウド型の経費精算システムのため、インターネットにつながったパソコンがあれば管理することができます。もしも、会社にインターネットにつなげるパソコンが一台もない場合は、ネット環境の整備とパソコンが必要になります。

もちろん、スマホですべて操作することができるため、ネットにつながるパソコンでなくてもスマホやタブレットを買えば管理することができます。従業員からの申請に関しては、インターネットにつながったパソコンやスマホであればどこからでも申請することができます。従業員が自己所有しているスマホにアプリをインストールしてもらい、申請してもらうこともできます。

交通系ICの履歴を読み取り、そのデータを取り込む場合はICカードリードを整備する必要があります。レンタルするか、購入する必要があります。

ジョブカン経費精算の評判と口コミ

インターネット上には、ジョブカンに関する様々な口コミがあります。今回は、良い口コミと悪い口コミに分けて紹介したいと思います。

ジョブカン経費精算の3つの良い口コミ

新機能のリリースが早く、日々進化しているところが好意的に受け取られているようです。やはり、コスト面に関してはかなりの強みを持っており、そこを評価する声も多く上がっています。サポートが丁寧であるという感想もあるのでアフターフォローに関しても信頼できそうです。

本サービスを導入して半年になりますが、毎週新機能がリリースされ使うたびにどんどん便利になってきています。 導入当初は機能面で物足りなく感じていましたが、当時の要望は全て改善されており満足しています。 また、運用面で困った際は、サポート窓口の方が親切に何度もサポートをしていただけたのも大いに助かりました。

引用:ボクシルSaaS

このサービスを使ってから、仕訳・振込業務が一気に楽になりました! コストも他社サービスに比べるとかなり安く、助かっています。 問合せしてもすぐにサポートが丁寧に対応してくれるため、サポート体制も◎。 特に、ベンチャー企業にオススメです。
引用:ボクシルSaaS

費用が安い点が評価できる。このサービスの業務フローに合わせることができれば、運用が出来る。

引用:ボクシルSaaS

ジョブカン経費精算の3つの悪い口コミ

入力補助に関する機能が弱いことは複数の口コミで述べられています。入力作業は頻繁に発生しますので、ストレスも感じやすいのかもしれません。完成されたシステムというよりも、まだまだ開発中のパッケージである印象も強いようです。よい口コミのほうではアップデートが早いと書いてありますので、その裏返しなのかもしれません。

30名以下の従業員数向けのサービスと感じた。承認フローがしっかり組むことが出来ず、多いな会社では導入が出来ないことが判明した。また、入力の補助機能が弱く、結局エクセルと変わらずシステムに手打ちしなければならなかった為、業務効率は改善しないと判断した。

引用:ボクシルSaaS

管理者目線では管理が一元化され作業が効率化しましたが、経費の申請者にとって入力の手間を軽減する機能がまだ弱いと感じています。 よって、今後は入力の手間を省くようなスマホアプリのアップデートを期待します。
引用:ボクシルSaaS

導入をサポートしてもらおうと思い、サポートに連絡しても返信が放置されがち。。。会社の業務フローを満たすようなワークフローが組めず、まだまだ開発途中のサービスであると感じました。

引用:ボクシルSaaS

まとめ

伝票運用と比較しながらジョブカン経費精算の特徴を見てみました。今までは、申請や決裁、出金などの処理がスリム化され手元のスマホから簡単に申請決裁が可能になり、仕訳や入力の手間もなくなることがわかりました。

他のソフトの比較でも機能に大きな違いはなく、従業員85名以下の会社では非常にリーズナブルに利用することができます。

しかも、クラウド型のサービスですので多くの企業では新たな機材を導入することなく運用が可能になります。

良い口コミでは、費用の面での長所が目立ちました。特に小さな企業にすすめる声もあります。サポート体制が非常に良いという声も多く上がっており、導入するのに安心与えてくれますね。悪い口コミは、従業員が多めの会社の運用に関するものが多かったです。良くも悪くも従業員が少なめの会社の運用があっているようです。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」