メリービズの評判や口コミを徹底解説!デメリットも!

「メリービズにはどのようなサービスがあるのか」「日々の膨大な入力業務を誰かに依頼したい」

経理業務は専門性が高い上に、日々の同じような入力作業も非常に多く、経営者の方は社員の教育や採用に頭を悩ませることも多いのが現状です。また、繁忙期とそれ以外の差も大きいため、社員を1名増やすか否か迷ってしまう例も多いです。

そんな時に検討してほしいのが、メリービズの導入です。メリービズとは、プロが経理業務を代行してくれるサービスです。入力や経理業務を外注することにより、従来は4名で行っていた業務を1人でこなせるようになったという声もあります。コストは決して高くありません。

なぜ低コストでプロによる経理代行が可能なのか。それは、経理業務のみにフォーカスしたサービスだからです。メリービズには簿記2級以上を取得しているという明確な採用基準があります。選び抜かれた経理のプロが業務を行うため、導入会社には教育や採用にかかるコストも不要となります。いまでは経理業務は外注する時代とまで言われて話題となっています。

ちなみに筆者である私は、建設業界の中小企業の経理部で2年間勤務しており、その内1年間は経理業務をすべて一人で任された経験があります。私自身の経験を交えつつ、メリービズの強みやデメリットを紹介しますので、導入検討の際は参考にしてください。

メリービズのサービス内容は2つ

サービス① 帳票入力や請求書発行などの日々の経理業務

経理代行のイメージ

経理代行サービスとして便利なのがメリービズです。その理由は細々とした入力や確認作業を外注することで、日々の経理業務の負担が軽減されるからです。メリービズの日々の業務に対するサービスとして以下のものが挙げられます。

  • ・経費精算
  • ・帳票・仕訳入力
  • ・請求書発行
  • ・売掛・買掛管理

 

「経費精算」は会計ソフトの入力、支払情報の整理や振込等の基本的な経理処理を、「帳票・仕訳入力」は請求書や領収書などの起票や、会計ソフト入力、仕訳入力を行います。

また、「請求書発行」は請求書作成や送付だけでなく、売上データとの整合性確認から入金・未入金管理を行い、「売掛・買掛管理」は売掛金と入金データ、買掛金と支払いデータの消込作業や管理を行います。

日々の業務の中で単純だけどボリュームの大きい作業を代行することで、経理担当者の負担が軽減します。

サービス② 月次決算業務や業務コンサル

経理コンサルのイメージ

メリービズでは月次決算業務も代行依頼できます。月次決算業務は専門知識が無ければ確実なデータが作れず経営方針決定も難しいいため、プロに外注することで正確なデータをもとに会社の経営方針を決定できます。また、帳簿作成の範囲を超えたツールや運用に関するコンサルティングも行うため、プロによる経理業務の効率化が可能となります。

メリービズに外注できる月次決算業務は以下の通りです。

  • ・月次決算
  • ・業務コンサル・システム導入支援

 

「月次決算」では正確な試算表を作成します。日々の経理業務を正確に行う事で、迅速な月次試算表の作成が可能となります。また、「業務コンサル・システム導入支援」は経理・会計に関わる業務の改善や、必要なツールや運用フローの提案をおこないます。

メリービズの利用料金

メリービズの料金

メリービズの料金は、プロのサービスを受けられるという観点から考えると決して高くありません。具体的な金額として、日々の経理業務のみなら10~15万円程度、決算業務にまで依頼すると25~40万円程度とされています。これらはあくまで目安なので、会社の規模や依頼する業務内容によって予算が異なります。

導入前に事前見積りが可能なので、必ず利用した上で導入を検討しましょう。

メリービズの2つの強み

強み① 社員を雇うよりもコストが安い

1つ目のメリービズの強みは、安いコストで経理業務を任せられる点です。経理業務を派遣社員(月給25万円)に任せた上、税理士の監査を受けている(月6万円)というケースで比較してみましょう。

  • ・派遣社員1名+税理士の月次監査を受ける場合:月々約31万円
  • ・派遣社員2名+税理士の月次監査を受ける場合:月々約56万円
  • ・メリービズを利用する場合:月10万円~40万円

 

このように比較すると、メリービズの料金が決して高くないことがわかります。同様の金額でプロによる経理業務代行サービスを受けられる点が強みとの事です。

強み② プロが経理処理をする

メリービズのスタッフ

前の章から「プロによるサービス」と紹介していますが、どのような経歴を持つ方が業務を行うのでしょうか?

具体的には簿記2級、簿記1級、税理士試験科目合格といった資格を持つスタッフや、実務経験として税理士事務所で10年以上、ゼネコン関係の経理を18年の経歴を持つスタッフが揃っています。また、採用基準は簿記2級以上を持つ人となっているため、全社員が簿記2級以上の資格を持っています。

メリービズの場合は、資格や経験について明確な基準があるため、どの担当者もプロと呼べるほどの経歴を持っているのが強みです。

メリービズの評判・口コミ2つ!

評判①優秀なスタッフの活躍の場を増やすことができた

株式会社wevnalの口コミ

英語できるのも彼女だけなので。タイで展示会いってもらい、現地での広報活動もお願いしました。相当マルチに活躍してもらっています。

参照元:株式会社wevnalの導入事例

株式会社wevnalは、当時経理業務を4名体制で行っていましたが、産休や退社が重なり1人で処理しなければいけなくなってしまいました。唯一の総務・経理担当者の方は新しい事に挑戦する意欲が高く、英語もできる社員のため、ルーティンワークで手一杯にさせておくのはもったいないと感じた取締役が、Facebookの広告で知ったメリービズの導入を決めました。

その結果、経理業務の負担が軽減され、その社員は海外での広報活動など得意分野で活躍できるようになったとのことです。メリービズを導入し、総務・経理のルーティンワークを外注することで、社員が得意分野で活躍できるようになりました。

評判② 相談を重ねつつ徐々に依頼量を増やしました

サイマックスの口コミ

ーでは今は、経理業務のどのくらいの割合をメリービズに依頼されていますか?
感覚的には90%くらいをお願いするようになってきています。

参照元:サイマックス株式会社の導入事例

2014年に立ち上げたばかりの新しい会社であるサイマックス株式会社は、経理専任者もいない状態で業務を行っていました。国の補助金に関する案件を受けた際に手一杯となり、メリービズ導入を決めました。

当初は補助金申請業務のみの依頼でしたが、コミュニケーションを丁寧に取りつつ疑問点をすぐに解決してもらえる便利さに気付き、今では経理業務も徐々にメリービズ外注へ移行しているそうです。補助金の書類作成や経理に関する不明点を細かく相談できるのが魅力とのことでした。

メリービズのメリット・デメリット

メリービズは魅力的でコストも安いサービスですが、どんなサービスにもメリット・デメリットはあります。そして、メリットとデメリットを踏まえた上で経理外注サービスの導入を取り入れるべきです。

次の章からはメリービズのメリットとデメリットをそれぞれ詳しく紹介します。

メリービズのメリット3つ!

Ⅰ.メリット①経理業務を安定的に処理できる状況になる

メリービズの1つ目のメリットは、経理業務を外注することで、安定的に処理できる状況を作り出せる点です。中小企業の経理業務において多い悩みは、「経理担当者の急な退社」や「新入社員の教育に関する不安」といわれています。

メリービズを利用していればこれらの事態に陥ってもすぐに対応でき、経理業務を安定的に処理できる状態となります。また、メリービズの担当者が急に退社する事になってもすぐに新しい担当を付けてもらう事が可能なため、安定した経理業務を供給できます。

Ⅱ.メリット②経理のプロに業務を依頼できる

メリービズの2つ目のメリットとして、経理のプロに業務が依頼できる点が挙げられます。経理業務には税法などの特別な知識が必要な業務です。そのため、採用後に一人前の経理担当者を育て上げるには勉強会や資格取得といった面でかなりのコストが必要となります。

しかし、教育コスト削減のために最初から経理のプロを雇い入れようとすると、基本給も高額に設定しないと応募が無いという事態に陥ります。その点、メリービズなら格安の費用でプロのサポートを受けられます。

一人前の経理担当者を教育するために必要なコストを削減できる上、経理のプロが処理をすることで、常に正確でわかりやすい試算表や決算書、経営方針に関するサポートを受けられる点がメリットといえます。

Ⅲ.メリット③経理業務を客観的に処理できる

メリービズの3つ目のメリットとして、客観的な経理処理を受けられる点が挙げられます。本来あってはいけない事ですが、経理担当者が他の人に気付かれないのをいいことに、自分の得になるように処理をするという話も事実として存在します。

具体的には、従業員の家族のガソリン代や接待費、自身が購入した私物などを経費として計上する事例です。特に、経営者が帳簿に関する知識が乏しく、経理のプロである人材を雇い入れた際に多いようです。

このようなことがあると正しい数字が計上されず、営業や現場の人が必死に挙げた売り上げを食いつぶしてしまったり、最悪の場合には脱税と判断されて罰則を受けることもあります。経理業務を外注化してしまえば客観的に処理してもらえるため、これらの事態を防ぐことが可能です。

メリービズのデメリット2つ!

Ⅰ.デメリット①担当者を選べない

メリービズのデメリットの1つとして、担当者が選べない点が挙げられます。メリービズは資格を保有していたり経験が豊富なプロが経理処理をしてくれる点はメリットです。

しかし、経理処理は業種によって特殊な慣例がある場合が多いため、たとえば大手メーカーで10年以上勤務していたとしても、工事業界特有の処理をあまり知らないという場合もあり得ます。必ずしも自分の業種のプロがいるかわからないため、見積もりと共に事前に確認した方が良いでしょう。

Ⅱ.デメリット②経理業務以外の事は依頼できない

メリービズの2つ目のデメリットとして、経理以外の業務を依頼できない事が挙げられます。もちろんこれは当然の事ですが、他部署で人手不足の場合は不便に感じる部分もあります。特に中小企業では、経理担当者に経理以外の業務を依頼する事も多いです

たとえば私が経理を担当していた時は、月次業務の手が空いている時は他業務のアシストに回っていました。また、年に1度しかないお中元やお歳暮の手配、年賀状作成といった雑業務も任されていました。しかし、経理の外注となると経理以外の業務は一切依頼できません。

経理以外の業務を経理担当者に依頼しなければ会社が回らないという場合は、外注ではなく社員を採用した方が良いでしょう。

まとめ

メリービズの概要や強み、導入会社の口コミなどを紹介しました。経理業務の細々とした部分は慣れていて知識がある人ほど作業が早い傾向にあるため、外注すれば短時間で正確に入力作業を完了させてくれます。プロが処理をしてくれるという安心感もありますし、不正の心配もありません。

しかし、デメリットにも紹介したように、特殊な分野の会社である場合や、経理業務以外の事も依頼したい時は、費用に対して必ずしも期待できる結果が得られない可能性もあります。

会社の業種や状況によっておすすめできるサービスは異なります。自分の会社に本当に合っているかどうかを見積や相談、他サービスとの比較を重ねて検討していきましょう。

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」