付加情報がインポートできるようになります

付加情報の登録・更新は画面から一つ一つ行う必要がありましたが、その操作をエクスポート・インポートで実施できるようになります。

※会計データを弊社で作成・提供しており、その際に参照を行っている事業所様において更新が楽になります。

【リリース日】
 2020年3月11日予定

該当画面

事業所設定>付加情報設定

対象者

管理者

主な変更点

付加情報設定に下記のインポート・エクスポートのボタンが表示されます。

 

以下の流れでご利用ください。

  1. 項目編集より列を追加(すでにあるものを更新する場合は不要)
  2. エクスポートを実行
  3. ファイルに必要な情報を入力
  4. インポートを実行
    ※経費科目・部署名に「/」(半角スラッシュ)が含まれる場合、「¥/」に置換されてエクスポートが実行されますが、そのままの状態でインポートをお願いいたします。

 

【エクスポートボタン押下後の画面】

必ず最新の状態をダウンロードするために画面左上の「最新のエクスポートファイル作成を開始」というボタンをクリックしてから、ダウンロードボタンを押してください。

 

【インポートボタン押下後の画面】

エクスポートしたファイルを編集し、アップロード・インポートを実行してください。

 

最後に

Dr.経費精算はお客様の声お答えするため、また機能の向上を目的に日々アップデートを行っています。 今後機能アップデート新機能の搭載不具合の改善などの情報はこちらのお知らせページにてお伝えいたします。

何かご不明な点や導入のご相談がございましたら、右下のアイコンをクリックしお気軽にご相談ください。 フィードバックもお待ちしています!

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」