会社の経費でたまったポイントカードを使うのはアウト?セーフ?

Pocket

現代ではどんな人も持っているでしょうポイントカード。複数枚持っている方も多いでしょう。
ポイントカードだけでなく、クレジットカードにもポイントやマイルがたまるものもたくさんあります。
では出張など会社の経費や立替でたまったポイントやマイルは誰のものなのでしょうか?
大丈夫だろうと使うと、横領となってしまうかもしれませんよ?

ポイントとマイレージの違い

まずこういったカードの種類には2種類あります。
法人契約が可能ポイントカードと、個人契約しか不可能マイレージ式のカードです。

法人契約が可能なポイントカードとは家電量販店のカードやガソリンスタンドのカードがあげられます。
たいしてマイレージとは航空会社のカードなどです。

ポイントはアウト?

会社名義のクレジットカードなどで買い物した場合、当然ですがお金を出しているのは会社になります。
そのため、その際にたまったポイントも会社の物、つまり会社の資産の一部となります。
そのポイントを私的に使った場合、会社の物を勝手にして気に使ったとして「横領」や「窃盗」などの罪に問われる可能性があります。
そのため会社名義であるポイントカードは基本的にアウトです。

マイレージはグレーゾーン?

航空会社などのマイレージは基本的に法人契約ができません。そのため会社の経費で支払ったとしてもたまったポイントは個人名義となります。このポイントを使った際も、「会社の資産は減っていない」ので明確に横領といえないのが事実です。さらには個人名義のカードの場合、ポイントなどを会社が管理することもできません。
とはいえ、経費として立替えたのは会社であるため、その還元分のポイントも会社の資産と見なせなくもありません。この場合は横領に相当します。

現在特に会社で明確に規定がない場合はグレーゾーンとなり、あいまいになっていることも多いです。しかし、不用意に使うと横領となることもあるので個人名義であっても使用する際には細心の注意を払いましょう。

では会社の経費で自分のポイントカードに加算する場合は?

これはマイレージと同じ考え方となります。ハンコを押すだけのようなポイントカードでも横領となる「可能性がある」ことは覚えておきましょう。
高額な場合は特に注意が必要です。

注意点

基本的にこのポイントの問題は信用にかかわる問題です。そのため、ルールで明記されていなくても確認するのが良いでしょう。
経営者の場合はこのポイントをうまく使うことで経費削減も可能です。




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算