交際費(こうさいひ)

Pocket

交際費(接待交際費、交際接待費)とは、会社の経営をスムーズにするために行われる、得意先、仕入先やその他事業に関係のあるものに対する接待、供応、慰安、贈答などの行為のために支払われる経費の事である。

交際費に含まれるもの

交際費の該当範囲は、得意先、仕入先などの取引先に対する接待に限らず、自社の従業員、役員、株主など全ての事業関係者に対するものも含まれる。

交際費に含まれないもの

租税特別措置法及び措置法を受けた租税特別措置法施行例では、次に揚げるものが交際費範囲から除外される

  1. 専ら従業員の慰安の為に行われるスポーツ大会、旅行の為に通常要する費用
  2. 一人当たり1回5,000円以下の外部事業者との飲食費
  3. カレンダー、手帳、うちわなどこれらに類する部品を贈与する為に通常要する費用
  4. 会議に関連して、茶菓、弁当などこれらに類する飲食物の為に通用要する費用
  5. 新聞、雑誌などの出版物又は放送番組に編集する為に行われる座談会や取材の為に通常要する費用

交際費の具体例

1.接待・供応に関する費用

  • 得意先を招待した場合、接待時の食事代、送迎費、お土産などの費用
  • 会社創立記念パーティーなどの宴会費

2.慰安に関する費用

  • 得意先とのゴルフコンペ、スポーツ大会、慰安旅行のような、会社の経営をスムーズにするために取引先と行なわれるイベントの費用
  • 従業員が使うお茶、コーヒ、水など飲み物。通常福利厚生費とするが、来客用にも使われる飲食物場合は交際費勘定としても処理できる
  • 従業員のお昼、夕食などの食事代(社内交際費)

3.贈答に関する費用

  • お中元お歳暮お中元、お歳暮に商品券、祝い金を得意先、仕入先などの事業関係者に贈った場合にかかる費用
  • 慶弔費。社外の物に対する費用は基本交際費として処理する。なお、従業員に対する慶弔費は福利厚生費として処理する

3.その他

  • 謝礼金。お礼として、一般的な謝礼金は交際費としてする。なお、講演会開催の際の講師に支払う謝礼金のような場合は支払手数料として処理する
  • 参加費。取引先の忘年会、新年会、スポーツ大会などの行事に参加するため参加費は、交際費として処理する。なお、事業に関連した勉強会、研修会などへの参加費は、会議費として処理する

 

注意点

年間800万円を超えると原則損金不算入

平成26年4月1日以降から、交際費は年間800万円を超えると原則損金不算入(税金を減らすことができない)ようになった。なお、現段階では平成28年3月31日まで施行される予定。
交際費が年間800万の場合、以下の二つの選択ができる。

  1. 年間800万円まで交際費を損金算入する方法
    交際費の中、飲食にかかる費用が1600万円未満の場合はこちらを選択した方が得に成る
  2. 交際費のうち、飲食代の50%を損金算入する方法
    交際費の中、飲食にかかる費用が1,600万円以上の場合はこちらを選択した方が得に成る

接待交際費は宛名と目的を念入りに記入する

接待交際費の場合、飲食費などが多くなり、プライベートな支出なのか接待としての支出なのか判断しにくい。そのため、面倒でも領収書には「上様」ではなく、「氏名」または「屋号+氏名」を必ず記入してもらうようにし、目的も明確に記入するようにしよう。

経費精算申請書等テンプレートの無料ダウンロードはこちら

(一部ない勘定科目もあります。)




Dr.経費精算の導入を相談する

Dr.経費精算を今すぐ無料で試す




Pocket

経費精算テンプレート | Dr.経費精算