荷造運賃(にづくりうんちん)

荷造運賃(荷造運賃発送費、荷造発送費)とは、商品・製品を発送する際にかかる梱包材料や資材などの料金(荷造費用)とその運送費、配送費などの料金(運賃)のことである。荷造運賃の消費税区分は課税であるが、海外に商品を発送するための運賃などは不課税になる。

荷造運賃の具体例

荷造費用

商品・製品を発送する際にかかる梱包材料や資材などの料金。

  • 段ボール箱、木箱
  • ガームテープ、ロールテープ
  • ノリ
  • 包装紙
  • 緩衝材(発泡スチロール、エアーキャップなど)
  • 外部に依頼した場合の費用

運賃

商品を発送する際にかかる運送量、配送料。

  • 宅急便料金
  • 郵便小包料金
  • トラック、船舶、航空便などの運賃
  • 引っ越し費用

荷造運賃の仕訳例

国内の得意先に商品をかけて売り上げ、宅急便で発送し、宅急便の料金は現金2,160円(内消費税160円)で支払ったとする。

借方科目金額貸方科目金額
荷造運賃2,000現金2,160
仮払消費税等160

荷造運賃の注意点

荷造運賃はよく通信費と混同されるため、ここで通信費との違いについて説明する。
荷造運賃は、商品・製品の発送に関する梱包費用や輸送費用のことを指している。これに対して、通信費は、商品以外の物(カタログ、見積書など)の発送費やインターネット料金のことを指している。

小方の商品を封筒に入れて郵送する場合 → 荷造運賃
見積書や請求書を郵送する場合     → 通信費

経費精算申請書等テンプレートの無料ダウンロードはこちら

(一部ない勘定科目もあります。)

無料ダウンロード
経費精算システム
選び方ガイド
経費精算システム選び方ガイド

導入に失敗するよくある5つのパターン。経費精算システム比較表を掲載。

資料ダウンロード

経理業務に関するお困り事を解決!

経費精算に関するノウハウ集なら「経費の教科書」