TOKIUM、インボイス制度に関する調査実施 ~請求書の受領側のインボイス制度対応について不明・未定との回答が54.9%と半数を占める結果に~

請求書受領クラウド「TOKIUMインボイス」を提供する株式会社TOKIUM(本社:東京都千代田区、代表取締役:黒﨑 賢一、以下「TOKIUM」)は、2023年10月から施行されるインボイス制度に関する調査を経理関係職に従事している方もしくは従事したことがある方842名を対象に行いました。(調査方法:インターネットリサーチ、実施期間:2022年10月17日~2022年10月24日)インボイス制度は、インボイス(適格請求書)を用いて仕入れ税額控除を受けるための制度です。各企業のインボイス制度への対応状況や業務効率化の状況について、アンケート調査を実施しました。

■インボイス制度への認知度は71% 対応を完了しているのはおよそ16%
インボイス制度について、2023年10月に施行されることを知らない人が未だに29%存在します。そのうち、約40%が「対応は開始していない・わからない」と回答しており、多くの企業がインボイス制度について認識はあるものの、まだ対応を完了できていないことが分かりました。

■自社から請求書を発行する対応と比べて、受領する対応方法が分からないという回答が多い
自社から発行する請求書の対応方法について、「対応すべき内容が不明」「未定」「わからない」と回答した人が約37.6%でした。
一方、仕入れ先から受け取る請求書への対応方法について、「対応すべき内容が不明」「未定」「わからない」と回答した人は54.9%おり、発行側と受領側を比べた際に、請求書を受け取る側がどのようにインボイス制度に対応すべきかは、あまり浸透していないことが想定されます。


■インボイス制度への対応方法について
発行する側の対応として、適格請求書を発行するために適格請求書発行事業者の登録が必要となります。また、自社が発行する請求書のフォーマットをインボイス制度に対応させ、取引先から求められた際には、インボイスを発行する必要があります。(また、交付したインボイスの写しを保存しておく必要があります)

一方で、受領する側は、取引先が適格請求書発行事業者であるかを確認しておかなければなりません。また、届いた請求書が適格請求書の要件を満たしているかどうかを確認し、適格請求書(インボイス)の保存等が必要になります。受取側は、記載されている登録番号が正しいかどうかなどの確認を断続的に行う作業が発生します。

適格請求書発行事業者として登録できるのは、消費税の課税事業者に該当する事業者である必要があり、免税事業者との取引に影響が出るのではと懸念されています。

■一定数の企業は、免税事業者との取引を見直すと回答
免税事業者との取引について、課税事業者への登録を要請するとの回答が9.0%、取引を終了するとの回答が4.7%と、一定数は何らかの取引の見直しをするという回答結果となりました。

免税事業者との取引については、請求される消費税について協議する必要が出てくることが予想されます。その際に問題となりうるのが下請法の存在です。
インボイス制度に伴い、仕入税額控除ができなくなる分を価格に転嫁させることを求める行為や取引を打ち切る行為は、下請法の禁止行為のうち、「下請代金の減額の禁止」と「買いたたき」の2点に抵触するリスクがあります。上記の行為が明確に法令違反であるとのガイダンスは出ていませんが、取引先の税負担等も考慮に入れたうえでしっかりと協議し、一方的な要求とならないようにしておくのが健全です。

■まとめ
今回の調査でインボイス制度への対応について、インボイス制度の施行開始についての認知は高くなっているが、ほとんどの企業が対応を始めているものの、まだ完了していないことが分かりました。発行と受領比べた際、対応内容が不明、未定、わからない、との回答が発行側は37.6%、受領側は54.9%と大きく乖離があり、受領側まで対応が必要な認知があまりされていない可能性があります。インボイス制度にどのように対応すべきか、請求書発行側と受領側双方の視点で考える必要があるといえるでしょう。
インボイス制度に対応するためには取引先も関わるため、余裕のあるスケジュールで慎重に準備を進めていきましょう。

TOKIUMでは、インボイス制度に関する特設ページをご用意しております。
今後必要な準備などを紹介しています。詳細はこちらをご覧ください。

 

■支出管理クラウドTOKIUM
TOKIUMでは、電子帳簿保存法に準拠した経費精算クラウド【TOKIUM経費精算】と請求書受領クラウド【TOKIUMインボイス】、文書管理クラウド【TOKIUM電子帳簿保存】を提供しています。自社のオペレーターによる精緻なデータ化、紙の請求書原本の代行受領、領収書・請求書の保管まで代行するため、経理の現場に残る手作業をなくし、完全ペーパーレス化を実現します。また、専任のコンサルタントがシステムの運用開始までサポートし、社内からの質問対応や取引先へのご案内も行うため、システム導入のハードルが低いことも特徴です。
経理部から会社全体の生産性を上げる支出管理クラウドTOKIUMの導入社数は2022年11月現在1,000社※を超え、規模や業種を問わず幅広くご利用いただいております。

※ TOKIUM経費精算及びTOKIUMインボイスそれぞれの導入企業数の合算です。TOKIUM経費精算及びTOKIUMインボイスで重複している企業については、各サービスで1社ずつ計上しています。

■調査概要
調査日:2022年11月
調査方法:インターネットリサーチ
調査機関:自社調査
有効回答数 : 842名
対象者:20~59歳の経理関係職に従事している方もしくは従事したことがある方
対象エリア:全国

■請求書受領クラウド 【TOKIUMインボイス】
サービス詳細:https://www.keihi.com/invoice/

紙やメール、PDFなどあらゆる形で届く請求書を代行受領し、支払業務を完全ペーパーレス化する「TOKIUMインボイス」。TOKIUMが代行受領した請求書原本は法定期間に基づき、安全に倉庫で保管します。「請求書受取のための出社」をなくし、リモートワークを実現。仕訳や承認、会計ソフトへのデータ連携もTOKIUMインボイスで完結し、経理部から会社全体の生産性を上げる請求書受領クラウドです。

基本機能
請求書の受領代行および電子化、データ入力の代行
オペレーター入力による圧倒的なデータ化精度 ※独自技術
仕訳設定、承認ワークフロー
会計ソフトへの柔軟なデータ連携
10年間の原本代理保管
改正電子帳簿保存法に準拠した証憑保管
取引先様への請求書送付先変更の代行連絡 ※オプション

■ペーパーレス経費精算クラウド【TOKIUM経費精算】
サービス詳細:https://www.keihi.com/

領収書はスマホで撮って、専用ポストに入れるだけ。2ステップで完了する経費精算クラウド「TOKIUM経費精算」。スマホアプリで撮影すると領収書は自動でデータ化され、アプリで経費申請・承認が完結します。証憑となる領収書の原本はTOKIUMが回収、撮影された画像との突合点検を行い、10年間安全に倉庫で保管します。経費精算業務を完全ペーパーレス化し、経理部から会社全体の生産性を上げる経費精算クラウドです。

基本機能
スマートフォンアプリ(iOS / Android)・ウェブでの経費申請・承認
オペレーター入力による圧倒的なデータ化精度 ※独自技術
70種類以上の連携可能口座・カード(ICカード・クレジットカードほか)
会計ソフトへの柔軟なデータ連携
領収書原本の集荷・申請データとの突合点検・10年間の原本代理保管
電子帳簿保存法に準拠した証憑保管

■会社概要
会社名 株式会社TOKIUM
設立 2012年6月26日
代表者 代表取締役 黒﨑 賢一
所在地 東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル5階
事業内容 経費精算・請求書管理など支出管理サービスの提供
資本金 100百万円

●支出管理クラウド【TOKIUM】
https://www.keihi.com
●請求書受領クラウド【TOKIUMインボイス】
https://www.keihi.com/invoice/
●経費精算クラウド【TOKIUM経費精算】
https://www.keihi.com/expense/
●文書管理クラウド【TOKIUM電子帳簿保存】
https://www.keihi.com/denshichobo/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LATEST NEWS

OTHER NEWS CONTENTS
OTHER
NEWS CONTENTS