経費精算システム|デモ画面サンプル

見やすい・使いやすい画面で、手間とストレスを軽減

見やすい・使いやすい画面で、手間とストレスを軽減

便利&誰でも使いこなせる3つのポイント

管理者向け 設定画面

運用に合わせた設定をカンタンに実現

運用に合わせた設定をカンタンに実現
ノヴィータ様

ノヴィータ様

管理画面が分かりやすいから、直感的に設定できた

導入を進めていくなかで、管理画面が分かりやすいと感じました。直感的に進められるので、ITに詳しくない方でもカンタンに設定ができると思います。従業員にとっても、他社と比べて領収書の撮影から申請までのフローがシンプルなうえ、交通費もICカードから連携できるので、業務時間が67%短縮されました。

より詳細な画面を見たい方は、資料をご覧いただくかお問合せください

承認者・経理担当者向け 申請内容チェック画面

見やすい画面でチェックがカンタン

見やすい画面でチェックがカンタン
  • 違反の恐れがある申請にはアラートを表示
  • 申請内容と領収書画像を一目で確認できる
見やすい画面でチェックがカンタン
  • スマホでどこからでもチェック・承認可能
  • 通知が届くから、申請も見逃しづらい
  • 交通費の自動入力機能や領収書の入力代行があるから、そもそも申請ミスが少ない
  • 交通費の自動入力領収書の入力代行

申請内容はオペレーターが代行入力したものだから、ミスが少ない

某人材企業様

某人材企業様

本当に入力が不要なのは、Dr.経費精算ぐらい

機械が読み取るOCRのソフトをトライアルしたのですが、あまり精度が高くないため、結局自分で入力し直しということが多かったです。Dr.経費精算だと、人が入力してくれるから、精度が段違いに高いし、手書きでも読み取ってくれるので、本当に撮るだけで申請ができるようになりました。

より詳細な画面を見たい方は、資料をご覧いただくかお問合せください

スマホから簡単に申請できる、使いやすい画面

スマホから簡単に申請できる、使いやすい画面
  • 領収書を撮るだけで、オペレーターが入力を代行
  • 乗換案内やICカード履歴から、交通費を自動で入力。定期区間やプライベートの分はもちろん除外
  • 仕訳や利用ルートを自動学習するから、入力の手間が激減
交通費の自動入力領収書の入力代行

交通費はICカードから自動で連携することも可能

通常の経費精算:面倒でミスも多い

自分で打ちこむか、カードリーダーを使う

自分で打ちこむか、カードリーダーを使う
  • ICカードをタッチして連携できるのは最大20件のため、こまめな読み込み作業が必要

Dr.経費精算:自動化できる

何もしなくても自動で連携

何もしなくても自動で連携
  • 取り込み作業の必要ナシ
  • 1日100件まで自動で連携
某コンサルティング企業様

某コンサルティング企業様

放っておいても履歴が連携されるのが、Dr.経費精算にした決め手

ICカードには履歴が20件しか残らないので、カードをタッチして履歴を連携するよくあるソフトだと、こまめに読み込む必要があるので面倒なうえ、20件以上貯まってしまって結局月末に自分で入力することが多かったです。Dr.経費精算はサーバーから毎日勝手に連携してくれるから、いちいちカードリーダーやアプリで読み込む必要が無いし、 20件を超える心配も無いので、本当にラクになりました。

自動学習するから、科目や移動ルートも入力不要
3. 自動学習するから、科目や移動ルートも入力不要
  • 商品名や店名から、勘定科目・税区分を自動で推測
  • 訪問先を選ぶだけで、記憶した移動ルートを自動入力

より詳細な画面を見たい方は、資料をご覧いただくかお問合せください

無料特典「経費精算システム比較表」を、資料請求・お問合せいただいた皆様にプレゼント

無料特典「経費精算システム比較表」を、
資料請求・お問合せいただいた皆様にプレゼント

些細なこともお気軽にどうぞ 03-5829-4797(平日9:00〜19:00)