経費データを効率よく仕訳

icon_05
Dr.経費精算独自のアルゴリズムが、商品名や店名から勘定科目や税区分を自動で提案します。
ユーザーが選択するだけで仕訳は完了。
さらに、一度行った分類は記憶され、同様の経費データには次回から自動で紐付けられます。

これにより、経費データを勘定科目に分類する手間を省くことができます。

仕訳例
  • 交通費
  • 会議費
  • 食事代
  • 通信費
  • 事務用品代
  • 宿泊費
  • 参加費・教育費
  • 燃料費
  • 交際費
  • その他経費
  • 未分化

「仕訳自動学習」と関連する機能:会計システム連携

icon_04
Dr.経費精算で作成した経費データを、主要会計ソフトに登録できます。
従来のように経費精算と別に会計処理をする必要はありません。
また家計簿Dr.Walletとの連携も可能。(2016年4月以降の予定)
経費と家計の支出を上手に分離し、実際の支出を正しく把握することをサポートしてくれます。

Dr.経費精算の機能一覧