freeeに経費データを反映させる方法

スクリーンショット 2016-02-21 18.03.04
 

『Dr.経費精算』で登録した経費データを『freee』へ登録してみましょう。
取込み方法はとても簡単です。

『Dr.経費精算』で最速で経費精算を完了させる方法はこちら
→フリーランスが最速で確定申告を行う方法

『Dr.経費精算』上の操作

 

1.メニューから「出力」選択します。

image1
各経費データで設定したレポート名に従って、レポート一覧に表示されます。
image2
今回は「Eレポート」を選択します。

 

2.会計ソフトに取り込みたいレポート名をクリックします。
image3
レポート出力の設定画面に切り替わります。

 

3.出力形式を選択して、データの取得方法を選択します。

出力形式から『freee』を選択し、「ファイルをダウンロード」をクリックします。
image4
4.ダウンロードしたファイルを保存します。

データダウンロードのダイアログボックスが開きますので、「ファイルを保存する」を選択して、「OK」を選択します。
image5

『Dr.経費精算』の操作は以上です。

 

『freee』上の操作

 

1.取引データをインポートします。

メニューの「取引」内のメニュー「取引を登録」をクリックします。
image6
右上のメニュー「その他の機能」から「取引データのインポート」をクリックします。
image7
2.CSVファイルをアップロードします。

取引のインポート画面が表示されます。

「2.CSVファイルのアップロード」の下に表示されている、背景色が灰色になっている「CSVファイルをドラッグ&ドロップ」部分をクリックします。
image8
3.CSVファイルを選択します。

ファイルアップロードのダイアログボックスが開きますので、『Dr.経費精算』からダウンロードしたファイルを選択して「開く」をクリックします。

ファイル名に選択したCSV名が表示されます。
image9
4.アップロードが完了を確認します。

アップロードが完了すると、右側に処理メッセージが表示されます。
image10
5.エラーがなければ「登録」する

取り込んだデータから自動で仕訳データが作成されます。

エラーが発生した場合は左下に、無効の列が発生した場合は右下に表示されます。
image11
6.インポートが完了するのを待ちます。

処理中は「インポート中」のメッセージが表示されます。
image12
※インポートの途中で「戻る」や「Back spece」で他の画面に移動するとエラーが生じる場合がありますので、気をつけましょう。

 

処理が完了すると「インポート済」のメッセージが表示されます。

「こちらのリンクから確認できます」のメッセージをクリックします。
image13
7.インポートした取引データを確認します。

インポートしたデータのステータスにある「登録された取引」をクリックします。
image14

インポートされた取引の仕訳が確認できます。
image15
以上で『Dr.経費精算』で登録した経費データを『freee』へ登録することができました。

 

 

補足

固定資産の仕訳は登録されましたが、減価償却費の処理を行うには、固定資産台帳に登録する必要があります。

 

メニュー「確定申告」から「固定資産台帳」をクリックします。
image16
「固定資産の登録」をクリックし、固定資産を1件ずつ登録します。
image17
※法人の場合、CSVファイルのインポートによって複数の資産を一括で登録することも可能です。
 
 

『Dr.経費精算』で最速で経費精算を完了させる方法はこちら
→フリーランスが最速で確定申告を行う方法