なぜ備品購入の際に10万円という決まりがあることが多いのでしょうか?

税額が変わるから 備品は固定資産という分類で計上されるが、購入した固定資産が10万円未満の場合少額減価償却資産として、10万円を超えた場合減価償却資産として計上しなければならない。少額減価償却資産の場合は一度に計上できる […]

益金不算入や損金不算入とはどんなものですか?

まず、益金になるものを益金算入、ならないものを益金不算入、損金になるものを損金算入、ならないものを損金不算入という。 そもそも益金、損金とは? 簡単に説明すると 益金とは税法上での収益・売上のこと。 損金とは所得に含まな […]

なぜ会社はなるべく交際費にしたくないのですか?また交際費になると何が違うのですか?

会社の出費が変わるから 「なぜ経理は「飲食代」に厳しいのですか?」に記載したが、交際費は課税対象となり、会議費などは課税対象にならない。そのために会社としてはできるかぎり会議費や福利厚生費として処理し、出費を抑えたいのだ […]

交際費とは?紛らわしい科目を徹底分類!

経費のなかで紛らわしいもの、といえばよく名前が上がるものが交際費、である。特に会議費などとはかなり紛らわしくなっている。 今回は交際費の定義を確認し、紛らわしいものを分類していく。 交際費とは? 交際費は以下のように定義 […]

なぜ経理は「飲食代」に厳しいのですか?

内容によって勘定科目が分かれるから 「飲食代」と聞くとたいていは「交際費」に含まれるという思いがちだが、実は内容によって勘定科目が異なるのだ。勘定科目が異なるとそこにかかる税率が変わってくる、つまり出費の額も変わる。その […]

どのような人が経理に嫌われてしまいますか?

業務の手間を増やす人 まず1つ目は嫌われる精算伝票を出す人だ。 読みにくい、記入漏れがある、勘定科目が書いていない、、等々、経理担当者が電話をかけ、確認する手間を増やすような人は嫌われる。これについては「嫌われる精算伝票 […]

精算伝票や領収書を書く際に重要なポイントはどこですか?

正直提出側としては面倒な精算伝票や領収書。今回はどの部分を経理は重要視しているのか、ポイントを紹介する。 目的と状況 まず、目的が重要である。 具体的には私的に使ってないかということと勘定科目を分類するために経理担当者は […]

経理担当者はどの程度詳細に経費を確認しているのですか?

内容は詳細に人物は大まかに 「精算伝票はどこが特に重要ですか?」に記載したが、精算伝票におろそかにしてよい部分などない。経理担当者は内容をすべて、詳細に確認している。 しかし、では個人レベルで経費総額を管理しているかとい […]

なぜ経費精算は早めの時期に行うのがよいのですか?

期限内、年度内が大切だから 会社の会計は、お金が「いつ使われたか」ということが重要となる。詳細はコチラに記載してあるが、年度ごとで決算をまとめるためだ。したがって、数日であっても年度をまたいでいれば、前年度の会計としなけ […]

なぜお店では領収書とレシートを両方出さないのでしょうか?

二重請求やお店側の記入ミスを防ぐため お店で領収書を発行するとレシートを出さず、領収書だけを渡してくることがあるがこれにはれっきとした理由があるのだ。 もし2枚とも渡してしまった場合、レシートと領収書別々で経費精算をする […]