2022.12.15
プレスリリース

TOKIUM、取引先の適格請求書発行事業者登録番号の収集を代行するサービスを提供開始

支出管理クラウド「TOKIUM」を提供する株式会社TOKIUM(本社:東京都千代田区、代表取締役:黒﨑 賢一、以下「TOKIUM」)は、取引先の適格請求書発行事業者登録番号(以下、「登録番号」)の収集を代行するサービスを1月より開始することをお知らせします。

​・お問い合わせフォームはこちら
https://contact.keihi.com/invoice-proxy-service

■本サービス提供の背景
2023年10月1日より施行となる適格請求書等保存方式(インボイス制度)に際し、取引先の登録番号を制度施行前に収集すると同時に、未登録の取引先に対しては今後の登録意向を確認しておく必要があるという声を多くいただいておりました。
経理向けのDXを支援するTOKIUMとして、ユーザーの皆さまのこのような事務負担も軽減したいという想いから、取引先の登録番号と登録意向の収集、ならびに自社の登録番号の取引先への通達事務を代行するサービスを提供することにいたしました。

TOKIUMの社名には「時を生む」という意味が込められています。今後もこうした経理に携わる方の業務効率化を支援し、より付加価値の高い業務に時間を割くことができるようサービス開発に努めてまいります。

■サービス概要

1.取引先の登録番号の収集

2.登録番号を取得していない取引先への登録意向と登録予定の確認及び、インボイス制度に関するセミナー動画の案内

3.取引先へお客さまの登録番号を通知

本サービスの詳細について知りたい場合は、以下からお問い合わせをお願いします。

https://contact.keihi.com/invoice-proxy-service

■支出管理クラウドTOKIUM

TOKIUMでは、電子帳簿保存法に準拠した経費精算クラウド【TOKIUM経費精算】と請求書受領クラウド【TOKIUMインボイス】、文書管理クラウド【TOKIUM電子帳簿保存】を提供しています。

自社のオペレーターによる精緻なデータ化、紙の請求書原本の代行受領、領収書・請求書の保管まで代行するため、経理の現場に残る手作業をなくし、完全ペーパーレス化を実現します。また、専任のコンサルタントがシステムの運用開始までサポートし、社内からの質問対応や取引先へのご案内も行うため、システム導入のハードルが低いことも特徴です。

経理部から会社全体の生産性を上げる支出管理クラウドTOKIUMの導入社数は2022年11月現在1,000社※を超え、規模や業種を問わず幅広くご利用いただいております。

※ TOKIUM経費精算及びTOKIUMインボイスそれぞれの導入企業数の合算です。 TOKIUM経費精算及びTOKIUMインボイスで重複している企業については、各サービスで1社ずつ計上しています。

 

■会社概要

 

支出管理クラウド【TOKIUM】
https://www.keihi.com

・請求書受領クラウド【TOKIUMインボイス】
https://www.keihi.com/invoice/

・経費精算クラウド【TOKIUM経費精算】
https://www.keihi.com/expense/

・文書管理クラウド【TOKIUM電子帳簿保存】
https://www.keihi.com/denshichobo/