電子帳簿保存法

【解説速報プレゼント】2021年7月16日公布「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)」:経理担当者は必見!

公開日:2021.07.19更新日:2021.07.19

    [su_button target=”_blank” rel=”noopener” url=”https://contact.keihi.com/ja-jp/ja-jp/2107qa-denshi-ad” style=”default” background=” #4169e1″ color=”#FFFFFF”icon_color=”#FFFFFF” size=”12″]「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)解説速報」のダウンロードはこちらから[/su_button]
     
    2021年7月16日、国税庁ホームページにて、電子帳簿保存法の取り扱い通達趣旨解説及び一問一答集が公開されました。
    これらの資料は、2021年4月に公開された改正電帳法の政省令の個別解釈や具体的な運用方法に関する国からの正式なパブリックコメントです。
    一問一答集の公開を受け、株式会社TOKIUMでは経理部門の業務に大きく影響を与えることが予想される、電子帳簿等保存法Q&A(一問一答)をまとめた資料を作成いたしました。
    当該資料では、一問一答集のうち、「スキャナ保存」および「電子取引」において注目すべきポイントや新たに明らかになった事項を取り上げ、各要点をまとめた上で、当社が提供する経費精算システム「TOKIUM経費精算」並びに請求書受領処理システム「TOKIUMインボイス」がどのように2022年1月1日以降の新電帳法要件に対応するかに関する方針を示しています。
    経理担当の皆様の業務に役立つ内容となっておりますので、ぜひダウンロードし、ご覧ください。
    [su_button target=”_blank” rel=”noopener” url=”https://contact.keihi.com/ja-jp/ja-jp/2107qa-denshi-ad” style=”default” background=” #4169e1″ color=”#FFFFFF”icon_color=”#FFFFFF” size=”12″]「電子帳簿保存法Q&A(一問一答)解説速報」のダウンロードはこちらから[/su_button]
     

    参考

    ホワイトペーパーの内容は下記の国税庁公表資料からの抜粋や要約に基づく内容につき、詳細や正確な内容については国税庁ウェブサイト掲載の原典をご参照ください。
    電子帳簿保存法Q&A(一問一答)~令和4年1月1日以後に保存等を開始する方~
    電子帳簿保存法取扱通達の制定について
     

    DOCUMENT
    もっと役立つ情報を
    知りたい方はこちら
    【2022年1月改正】電子帳簿保存法ガイドブック
    【課税事業者向け】インボイス制度の導入で業務の現場では何が起こる?

    関連記事