請求業務

請求書で注意すべき消費税記載方法について解説!令和5年インボイス制度導入に対応しよう

公開日:2022.01.31更新日:2022.06.14

経理業務に関わる方であれば、「内税」や「外税」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。請求書で消費税を表示する方法には、内税表示と外税表示の2種類がありますが、作成にはいくつか気を付けることがあります。
以下では「内税」と「外税」の違いから請求書の書き方まで、計算式も交えて分かりやすく説明するとともに、令和5年10月1日から始まるインボイス制度について、押さえておきたいポイントを解説します。

インボイス制度ガイド

内税と外税の違い

「内税(うちぜい)」とは、消費税を含んだ価格表示のことを言います。イメージが湧かない場合は、商品価格が「大きい箱」で、消費税が「小さい箱」だと考えてみてください。内税は、小さい箱が大きい箱の中に入っているイメージです。
「外税(そとぜい)」とは、消費税を含まない価格表示のことです。前述と同様に、商品価格が「大きい箱」で、消費税が「小さい箱」だと仮定すると、外税は、大きな箱の外に小さな箱が出ているイメージになります。
また内税は「税込価格」「総額表示」、外税は「税抜価格」「本体価格」とも呼ばれますが、大小の箱を思い浮かべると、「内税」「外税」と関連付けて覚えやすいです。

請求書における消費税計算の方法

内税表示の場合

請求書の内税表示では、請求金額は税込記載です。
併せて、消費税欄には標準税率(10%対象)と軽減税率(8%対象)とを区別して記載し、消費税額をカッコ書きします。ここでのカッコ書きは、消費税が商品価格に含まれていることを表していますので、小計金額と合計金額は同じになります。
なお、飲食店でのテイクアウト商品には「※」「T」などの印をつけて、軽減税率が適用されることを明記しましょう。

外税表示の場合

請求書の外税表示では、請求金額は税抜記載です。
また、消費税欄には、標準税率(10%対象)と軽減税率(8%対象)とを区別して記載し、小計金額に2つの消費税額を加算した額を合計金額として記載します。
なお、飲食店でのテイクアウト商品に「※」「T」などの印をつけるルールは、外税表示であっても変わりません。

消費税の計算方法

事業者が支払う消費税額は、課税売上げに係る消費税額から課税仕入れ等に係る消費税額を差し引いて計算します(ここで差し引くことを、『仕入税額控除』といいます)。
消費税の計算方法

消費税額=売上税額-仕入税額

例えば、売上税額が380万円で仕入税額が280万円の場合、消費税額は100万円です。
なお、消費税額は、税率ごとに区分して計算する必要がありますので、上記例における内訳はこのようになります。

  • 売上(標準税率)3,000万円×10%=300万円
  • 売上(軽減税率)1,000万円×8%=80万円
  • 仕入等(標準税率)2,000万円×10%=200万円
  • 仕入等(軽減税率)1,000万円×8%=80万円

記載項目の義務付け

令和5年(2023年)10月1日より、消費税の仕入税額控除の方式として、適格請求書等保存方式(インボイス制度)が始まります。この日付以降は、買手がインボイス制度を利用して仕入税を控除するには、税務署長の登録を受けた事業者から適格請求書を受け取って仕入れを行い、その適格請求書等を保存しなければなりません。

適格請求書の記載事項

なお適格請求書には、一定の記載事項があります。令和5年10月1日以降は、従来の請求書記載事項に加え、新たに2項目(※太字)が追加で必要となります。

  • 適格請求書発行事業者の登録番号(令和5年10月1日より適用)
  • 税率ごとの消費税額及び適用税率(令和5年10月1日より適用)
  • 発行事業者の氏名又は名称
  • 取引の年月日
  • 取引の内容
  • 取引の金額
  • 取引事業者の氏名又は名称
  • 軽減税率の対象品目である旨
  • 税率ごとの合計額

請求業務を効率化するならTOKIUM

領収書と請求書にまつわる紙処理を削減し、両者をオンラインで統合管理する国内随一の法人支出管理プラットフォーム「TOKIUM」は、支払業務を飛躍的に向上し「新時代の経理の当たり前」を提供します。

ペーパーレス経費精算システム「TOKIUM経費精算」

レシートをスマホで撮って、専用ポストに入れるだけ。2ステップで完了する経費精算システムです。スマホアプリで撮影した領収書は自動データ化され、そのままアプリから経費申請・承認が可能です。
また、証憑となる領収書原本はTOKIUMで回収し、データとの突合点検を代理で行ったうえで、10年間倉庫に保管します。申請者・経理担当者両方の負担を減らし、経費精算業務を飛躍的に改善する唯一無二の経費精算システムです。
TOKIUM経費精算の資料請求はこちら

請求書オンライン受領・処理サービス「TOKIUMインボイス」

紙やメール、PDFなどあらゆる形で届く請求書を代行受領し、請求書の確認・処理を電子化するサービスです。受領した請求書原本は法定期間に基づき、倉庫で代行保管します。
「請求書受取のための出社」をなくし、リモートワークにも対応可能となるほか、仕訳作業や承認作業、会計ソフトへのデータ連携もシステム上で完結し、支払業務全体の処理効率を劇的に向上させることができます。
TOKIUMインボイスの資料請求はこちら

DOCUMENT
もっと役立つ情報を
知りたい方はこちら
請求書受領クラウドの選び方ガイド
インボイス制度の導入で経理の現場では何が起こる?

関連記事