支払業務

支払通知書のテンプレートをご紹介!作成の注意点は?

公開日:2022.04.21更新日:2022.04.21
電卓操作

支払通知書とは

支払通知書とは、取引を終えて支払い内容が確定しているものについて、日付・金額・取引内容など支払予定の内容を通知するための書類です。
支払通知書の発行タイミングとしては、納品を終えた後、請求書が発行される前に発行するのが一般的です。支払予定の内容を支払先に通知することで、企業間で支払いの内容について確認をすることができ、請求書のミス防止にも役立ちます。
支払通知書については発行義務はありませんが、発行しておくことでよりスムーズな取引につながります。また、支払通知書については電子での発行も可能です。

支払通知書とは?電子帳簿保存法・インボイス制度対応の方法も紹介

請求書との違い

請求書は支払先が支払元について、提供した商品やサービスに対する対価を請求する書類です。一方、支払通知書は支払元が支払先に対して、これから支払う予定の内容や金額を通知する書類となっています。
支払通知書の発行は義務ではありませんが、請求書を受け取る前に支払通知書を発行することで、スムーズな取引に繋がります。また、支払い内容について理解を企業間で事前に確認することで、請求書発行におけるミス防止にも効果的です。

支払通知書を発行するメリット

取引先との金額ミスを防げる

支払通知書の発行により、請求書発行前に金額を確認できるため、取引先とのやりとりにおける金額ミスを削減しやすくなります。
支払・入金は取引において非常に重要なポイントで、ミスがあるとトラブルや今後の取引への悪影響が出る場合もあるため、支払通知書を発行して、企業間で支払内容をお互いに確認すると良いでしょう。

請求業務が不要になる

支払通知書の発行は義務ではありませんが、一方で発行された場合には請求書と同様に法的効力を持ちます。そのため、支払元が支払通知書を発行することで、支払先が請求書を発行する必要がなくなり、業務の手間を削減できます。支払通知書を発行する際には、請求書を発行するかどうか事前に取引先と決めるとより親切でしょう。

経理業務を円滑に進められる

支払通知書には支払予定の金額・日付・支払い先などを記載するため、支払先の方でも実際に振り込まれる前に内容が正しいかを確認できます。このため、支払いの後にミスが見つかって支払いをし直すといった手間やコストを削減でき、支払元だけでなく支払先にとっても円滑で効率的な経理業務の進行につながるでしょう。

支払通知書に必要な項目

支払通知書には発行義務がないので、法律上満たす必要のある項目というのはありません。ただし、取引内容を証明する書類である重要な証憑書類となるので、漏れがないよう記入することが大切です。以下では、一般的な支払通知書に必要とされる項目を列挙します。

①タイトル

書類の上部に大きな字で目立つように、”支払通知書”などと書類の概要を記載します。

②発行年月日

支払通知書を発行した日付を記入し、後から見返す際に時系列を追いやすくします。

③発行企業名・連絡先

企業名に加えて連絡先を記入することで、間違いなどある場合に連絡がしやすいです。

④宛名

支払先を記入します。様・御中の使い分けといったビジネスマナーにも気を配ります。

⑤支払通知金額

支払う予定の金額について、詳細と合計を目立つように記入します。

⑥取引年月日

それぞれの取引について取引が行われた年月日を正しく記入します。

⑦取引内容

支払先に内容が伝わるように、提供を受けた商品やサービスの内容を記入します。

⑧数量

数量で数えられるものについては、提供を受けた商品やサービスの数量を記入します。

⑨単価

提供を受けた商品やサービスの単価を記入します。

⑩消費税

それぞれの取引に応じた消費税率を確認し、消費税額を記入します。税率を間違えないように気をつけましょう。

⑪備考

注意事項や補足といった内容がある場合のみ、備考欄に記入します。

⑫小計

商品・サービスの金額と消費税額の小計をそれぞれ記入します。

⑬総合計金額

最後に商品・サービスの金額と消費税額の合計を記入します。

支払通知書作成の注意

支払通知書を作成・発行した際には、定められた期間、原本を保管することが法律上定められていることに注意が必要です
支払通知書は取引の内容・金額・日付などを示し、トラブルなどがあった際には参照する重要な証憑となりますので、正しく保管し必要な際には取り出すことができるようにしておくと良いでしょう。

支払通知書原本の保管期間は?

支払通知書原本の保管期間は個人事業主と法人で異なっているため、それぞれ確認が必要です。
個人事業主については、保管期間は5年間と義務付けられています。5年間の数え方は書類発行日から5年後の確定申告期限日までが期限となっており、発行日から単純に5年を足す計算ではないので、保管期間の日付を間違えないように注意が必要です。個人事業主の場合、青色申告の場合でも白色申告の場合でも5年間が期限となっています。
法人については、保管期間は7年間と義務付けられています。7年間は書類発行日から7年後の法人税申告期限日までとなっており、発行日から単純に7年を足す計算ではないので、こちらも保管期間の日付を間違えないように注意が必要です。
このように個人事業主と法人では求められている支払通知書の保管期間が異なるため、事前に保管期間を確認し、定められた期間、整理された状態で正確に書類を保管しておく必要があります。

支払通知書のテンプレート

以上を踏まえて、支払通知書のテンプレートをご紹介します。ぜひ参考にしてください。
支払通知書テンプレ

まとめ

今回は支払通知書について内容や注意点をご説明しました。
支払通知書の発行は義務ではありませんが、双方で取引内容を確認できるため、スムーズな取引やトラブル防止に役立つため、積極的に取り入れていくと良いでしょう。

経理業務の効率化なら支出管理クラウド「TOKIUM」

株式会社TOKIUMは、領収書と請求書にまつわる紙処理を削減し、両者をオンラインで統合管理する国内随一の法人支出管理プラットフォーム「TOKIUMシリーズ」により、支払業務を飛躍的に向上し「新時代の経理の当たり前」を提供します。

請求書受領クラウド「TOKIUMインボイス」

紙やメール、PDFなどあらゆる形で届く請求書を代行受領し、請求書の確認・処理を電子化するサービスです。受領した請求書原本は法定期間に基づき、倉庫で代行保管します。「請求書受取のための出社」をなくし、リモートワークにも対応可能となるほか、仕訳作業や承認作業、会計ソフトへのデータ連携もシステム上で完結し、支払業務全体の処理効率を劇的に向上させることができます。 TOKIUMインボイス資料画像

TOKIUMインボイスの資料請求はこちら

経費精算クラウド「TOKIUM経費精算」

レシートをスマホで撮って、専用ポストに入れるだけ。2ステップで完了する経費精算システムです。スマホアプリで撮影した領収書は自動データ化され、そのままアプリから経費申請・承認が可能です。また、証憑となる領収書原本はTOKIUMが回収し、データとの突合点検を代理で行ったうえで、10年間倉庫に保管します。申請者・経理担当者両方の負担を減らし、経費精算業務を飛躍的に改善する唯一無二の経費精算システムです。 TOKIUM経費精算資料画像

TOKIUM経費精算の資料請求はこちら

DOCUMENT
もっと役立つ情報を
知りたい方はこちら
【2022年1月改正】電子帳簿保存法ガイドブック
【課税事業者向け】インボイス制度の導入で業務の現場では何が起こる?

関連記事